【たるみ顔の原因】紫外線より恐ろしいスキンケアの間違い

最近の美容業界では、
シミ・シワ・たるみの原因の80~90%は紫外線!

…と、言い切る皮膚科医などの専門家も多くみられます。

全面的に信じて完璧な紫外線対策を実践している人も多いのでは?

3081

紫外線は確かに、シミ・シワ・タルミの原因のひとつではあるのですが…。


紫外線を徹底防御しているのにたるみが解消できない人はご注意ください…!

間違ったスキンケアがたるみを引き起こす!?

同じ皮膚科医でも、六本木境クリニック院長、境隆博先生の見解はかなり違います。


境先生によると、紫外線や不規則な生活習慣以上にたるみの大きな原因となっているのが、

スキンケアで顔をさわり過ぎること

なのだそうです…!


そ、そんなぁ…(泣)。

スポンサーリンク

洗顔やメイクでさえもたるみの原因になることが…!

セルフマッサージや洗顔、さらにはメイクの時に、強くこすったり押したり、引っ張っるようなスキンケアをよくする人は、やがて深刻なたるみを引き起こしてしまうことがあります。

3082


セルフマッサージが原因と聞くと、なんとなくわかるような気がしますが、驚くことに、美容のプロであるはずの「エステ」によるケアでも、タルミの原因になってしまうことがあるなんて、一体何を信じたら良いのでしょう…!?

境先生のクリニックには、エステの施術後に異様にたるんでしまったという相談者が後を絶たないのだそうです。

3083


美しくなりたくて、プロの施術と信じて、高い料金を払って通っているのに…。


ショックすぎますね。


マッサージなどで皮膚がたるむ原因としては、

強い力が加わることにより、肌の支持組織が引き伸ばされてしまい、重力に抵抗する力が弱まるから

であると考えられています。

スポンサーリンク

生活習慣からたるみを予防

セルフケアやマッサージ、エステ以外にも、たるみの原因と考えられているものがあります。

●紫外線対策をしていない
●飲酒・喫煙
●不規則な睡眠や睡眠不足
●バランスの悪い食事
●アレルギーなどのカユミが原因で目やまぶたをよく触る
●エラや頬骨を削る美容整形手術をした
●横向きに寝ることが多い

…など。


さらに、ボトックスやヒアルロン酸注入による「皮膚の重さが増す」事で起こるたるみもあると言います。

3084

ボトックスの繰り返し注入は、重力に対抗するための筋肉を弱くしてしまうので、よりたるみを加速させてしまう原因になることも…。

もう、何が正しいアンチエイジングなのかサッパリわからなくなってしまいますね…。


お手軽な美容整形など、『簡単に若返りができる』というものに安易に飛びつくより、日々の食事や睡眠、正しいスキンケアなど、地道なエイジングケアを心がけた方が安全で確実、ということなのかもしれません。

まとめ

境先生のお話をまとめると、以下のようになります。

●タルミは、紫外線対策だけでは防げない
●セルフマッサージやエステのマッサージは控えめに
●生活習慣を整える
●顔の皮膚や筋肉を強く刺激しない
●クリームを塗る時やメイクをする時はソーッと
●なるべく仰向けに寝る
●ボトックスやヒアルロン酸美容に頼り過ぎない

以上でした。

スキンケアも、触りすぎない方が良いという事なので、オールインワンゲルなどに切り替えてみるのも良いかもしれません。

シンプルケアのメディプラスオールインワンゲル【1000円オフ】キャンペーン


健康や美容・スキンケアの常識・非常識は日々変わって行きます。

また、専門家によって意見が変わることもあります。

私たちが自分の健康や美容を守るためには、「奇抜な方法・新しい美容法には注意すること」、「科学に頼りすぎないこと」「シンプルなスキンケア」ということにつきるのではないでしょうか。

スポンサーリンク