冷水で洗顔するとシミ・くすみの原因になる!冬の朝の正しい洗顔方法

冬、洗顔しようと思ってお湯を出しても、なかなかいい感じの温度のお湯にならずイライラすることってありますよね。

そんな時は「面倒だから水で洗ってしまおう」と、ついつい冷水で洗ってしまうことも…。

でもその洗顔方法では、シミやくすみの原因になってしまうことがあるので要注意です!

スポンサーリンク

面倒でも洗顔は必ずぬるま湯で!

参考:2017年12月31日放送 テレビ朝日「ハナタカ!優越館」
東京銀座スキンケアクリニック 三浦麻由佳 院長

皮膚科医の三浦麻由佳先生によると…、


【三浦麻由佳先生】

冬に冷水で顔を洗うと、シミになってしまうことがあります。

冷水での洗顔は、新陳代謝が落ちてしまい、肌に栄養が行き届かず、シミやくすみの原因となってしまうのです。


冬は、空気が冷え込んでいるため、タダでも新陳代謝が衰えがちになってしまう季節。

その上、水道から出てくる水も冷たくなっています。

この状況で水道から出てきたままの冷水で洗顔してしまうと、肌の血行が悪くなります。

血行の悪化や新陳代謝の衰えは、シミやくすみだけの問題ではありません。

シワなどの肌老化の原因にもなります。


面倒でも、冬こそしっかりお湯になるまで待ち、体温と同じかそれより低めの温度のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

スポンサーリンク

冬は泡洗顔も不要!

冬は、他の季節と比べて肌が乾燥しやすい時期でもあります。

乾燥しているのに、さらに泡洗顔で皮脂を落としてしまうと、乾燥肌が進行してしまうことも…!?


【三浦麻由佳先生】

冬は肌の皮脂分泌量が下がります。

ですので、冬の朝は軽くぬるま湯で洗顔するだけで十分です。


冬は必ずしも泡洗顔で皮脂を落とさなくても良い、というより、落とさない方が良い、ということのようです。

血圧やストレスのためにもシンプル洗顔でOK?

冬の朝は、起床すると暖かいお布団から冷えた室内の空気にさらされるため、血圧が上がりやすくなっています。

ただでも忙しい朝に、そんなタイミングで泡洗顔や冷水洗顔をすると、さらなる血圧の急上昇を招いてしまったり、ストレスにつながることもあるため、良いことはありませんね。


毎朝の泡洗顔を負担に感じていた方、乾燥が気になりつつも「泡洗顔は必須」と思い込んでいた方、朝の時間にゆとりがない方は、今日から朝の洗顔はぬるま湯のみの洗顔にしてみましょう。


それでも乾燥が気になる、という方は、夜の洗顔も「ダブル洗顔不要のクレンジング」のみに切り替えてみて下さい。

それだけで「乾燥肌がウソのように改善した!」という方も多いので、ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク