飲む美容液・味噌汁で保水力アップ!美肌効果に腸内細菌を増やす効果も

発酵食品が美容と健康に良いということは、もはや常識ですよね。

しかしながら、「発酵食品を食べよう!」と思って味噌を選ぶ人は多くはありません…。

でも味噌は、私たち日本人のソウルフードであり、様々な美肌効果・健康効果を持つスーパーフードなのです!

スポンサーリンク

参考:2018年5月1日放送 「美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」

毎日の味噌汁で肌の水分量が4割アップ!


味噌の原材料は、基本的に大豆と麹菌です。

大豆のたんぱく質は、麹菌によって分解され、良質のアミノ酸になります。

良質のアミノ酸を毎日とっていると、肌がきれいになるのです。


みそメーカーの検証によると、20代~30代の女性に、毎日2杯ずつおみそ汁を飲んでもらったところ、肌の水分量が1.4倍にアップしたのだそうです。


水分量が上がるだけでなく、肌の弾力がアップし、キメが細かくなるという結果も…!


味噌には、肌の角質層の水分を安定させ、美肌になる効果があるということ。

手軽にパンやパスタばかり食べてないで、和食を食べる機会を増やしてみませんか?

和食に切り替えることで食事全体の栄養バランスが整いやすくなるので、相乗効果でより美肌効果がアップします!

味噌に含まれる美肌成分

では具体的に、味噌にはどのような美肌成分が入っているのでしょうか。

味噌が麹によって発行していく過程の中で、実に多くの栄養素が生成されていきます。

味噌に含まれる主要な美肌成分・栄養成分は以下の通り。

各種アミノ酸
イソフラボン
オリゴ糖
リノール酸
レシチン
ペプチド
カルシウム
メラノイジン
ビタミン
ポリフェノール
グルコシルセラミド


肌にも健康にも効果の高い栄養素がこんなにも含まれているのです!

中でも美肌作りに注目されている成分が、グルコシルセラミドです。

グルコシルセラミドとは

セラミドとは、細胞と細胞をつなぐ細胞間脂質で、肌の水分量を保持するために欠かせない保湿成分です。

グルコシルセラミドは、細胞を活性化させて肌のバリア機能をアップし、肌を健康に保つ働きを持つ成分です。


さらに、グルコシルセラミドを毎日とり続けていると、腸内の善玉菌、ブラウティア・コッコイデスという腸内細菌が増えることもわかっています。

ブラウティア・コッコイデスには、大腸の炎症を抑える効果精神の安定を保つ効果があると考えられています。

グルコシルセラミドがたっぷり含まれる味噌を毎日食べることで、肌の水分量がアップし、肌が元気になっていくだけでなく、腸内環境も精神状態も安定していく、ということなのです。

スポンサーリンク

味噌はインスタントでもOK!熱湯で入れるのも可

ひとり暮らしだったり、お仕事などで忙しい毎日を送っていると、やっぱりおみそ汁を毎日作るのは負担が大きいですよね。

でも安心してください。

インスタントのおみそ汁でも美肌効果・健康効果は変わらず得られることがわかっています。


さらに、「味噌は熱々のお湯に入れると栄養価が損なわれる」と言われてきましたが、熱々のお湯に入れると損なわれるのは風味だけなのだそうです。

「栄養価についてはあまり神経質になる必要はない」ということですので、「忙しい時は沸騰したら味噌を入れる」あるいは「インスタントみそ汁を熱湯で溶く」というやり方でも大丈夫ですよ。

そう考えたら、今日から気楽な気持ちで食卓に味噌汁を取り入れることができますね。

世界で注目される味噌

日本人の食生活はどんどん欧米化しています。

そんな中、日本国内での味噌の消費量は年々減少傾向にあるそうです…。


一方、味噌の研究はどんどん進み、世界的な和食ブームもあって、味噌の輸出量は右肩上がりに増え、世界中で味噌が消費されるようになってきています。

日本人として、最も身近な調味料の一つであり、「食べる美容液」とも言われる味噌を、もっと食卓に取り入れてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする