きゅうりダイエットで楽してやせる方法と食事制限なしの簡単レシピ

ダイエットに食事制限はつきもの。

でも、食事制限はストレスも多く、長続きしにくいのが現実。

ガマンが必要なダイエットは、どうしても失敗しやすくリバウンドしやすいのです…!

5月3日の「得する人損する人」では、食事の量を減らさず、食べながら楽してやせるダイエットが紹介されていましたので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

参考:2018年5月3日放送 日本テレビ「得する人損する人」

普段の食事にあの野菜をプラスするだけでラクにやせる!

食事制限は続かなくても、スーパーにいつでも売られていて、手軽に食べられる定番野菜を毎日食べるだけなら簡単に続けることができます。

ラクしてやせられる定番野菜とは、なんときゅうり


ダイエット外来の専門医・工藤孝文医師によると…、

きゅうりの成分は、ほとんどが水分で、世界一栄養のない野菜と考えられてきました。

ところが最近、きゅうりの中にダイエットに有効な成分が発見され、注目を集めています。


ダイエットに有効なきゅうりに含まれる有効成分とは、ホスホリパーゼ

聞きなれない名前の成分ですが、ダイエットサプリなどにも含まれている、最強のやせ成分として注目されています。


ホスホリパーゼには、以下のふたつのダイエット効果があると考えられています。

1.代謝を高め、脂肪を燃やす力をUPする

ホスホリパーゼは、体内の老廃物や毒素を排出し、代謝を高めて脂肪を燃焼する力をUPする効果があります。

2.食事の脂肪分を分解して排出する

ホスホリパーゼのもうひとつのダイエット効果は、食事の中に含まれる脂肪分を分解し、吸収される前に体外に排出してくれる働きです。

ホスホリパーゼは他の野菜にも含まれていますが、きゅうりに含まれるホスホリパーゼは、脂肪を分解する力がバツグンに高いことがわかっています。

スポンサーリンク

きゅうりでダイエットする食事方法

きゅうりダイエットの方法はいたって簡単。

いつもの食事の前に、きゅうりを1本食べるだけ。

朝食・昼食・夕食、それぞれの前に1本ずつ食べて、あとはいつも通り好きなものを食べて良いというから簡単です。

きゅうりダイエットのポイント

きゅうりダイエットには、いくつかポイントがありますので注意してください。

加熱せず生のままで食べる

きゅうりは必ず生のまま食べること。

過熱してしまうと、せっかくのダイエット効果が損なわれてしまいますので、それだけは注意してください。

味噌や塩など、味付けして食べるのは自由なので、調味料を変えることで飽きずに続けることができます。

よくかんで食べる

きゅうりはよくかんで食べましょう。

よくかんで食べることで、きゅうりの細胞壁が破壊され、ホスホリパーゼが効率よく摂取できるようになります。

目安としては、一口あたり20回ずつくらいかめばOK。

生きゅうりアレンジレシピ

実際に番組では、元モーニング娘。の福田明日香さんがきゅうりダイエットにトライ。

何日か食べるうちに「さすがにきゅうりの味に飽きてきた」という問題が…。

そこで、家庭料理の神・野崎洋光シェフが、生のまま食べるきゅうりの簡単レシピを伝授してくれました。

きゅうりの簡単ぬか漬け風浅漬け

きゅうり2本を軽く塩もみし、水洗いしておきます。

味噌100gとヨーグルト30gを混ぜ合わせ、きゅうりを漬け込みます。

冷蔵庫で4時間ほど寝かせれば完成。

みそヨーグルトを軽く洗い流して食べてください(洗わずそのままでも食べられます)。


きゅうりを付け終わった味噌ヨーグルトは、そのまま味噌として味噌汁に入れて食べることができるので、無駄になりません。

ヨーグルトも良いだしになるので、ぜひ一度お試しを!

蒸し鶏の緑酢かけ

きゅうりをすりおろします。

すりおろしたきゅうりをざるにあげ、汁気を取り除きます。

蒸した鶏の胸肉を裂いてほぐし、ポン酢とごま油を混ぜたタレの上にのせ、その上におろしたきゅうりをのせて完成。


(※きゅうりの汁は、捨てずにジュースとして飲みましょう。はちみつを混ぜると、メロンジュースのような味わいになるそうですよ。)


この、きゅうりをすり下ろした「緑酢」と鶏の胸肉は、ダイエットフードとしては相性抜群。

鶏肉に含まれるアルギニンにも脂肪を燃焼効果があり、きゅうりのホスホリパーゼとの相乗効果でダイエット効果が倍増しますので、ぜひ食卓に取り入れていきましょう。

アルギニンが含まれる食材は、鶏肉のほかにも、豆腐・マグロ・味噌などがあります。


すりおろすことで、ホスホリパーゼが摂取しやすくなるので、ダイエットにはおすすめの調理方法です。


もし、「毎食ごとに丸ごと1本のきゅうり」が負担に感じられるようであれば、半分ずつにして試してみてください。

ダイエットは、「続けること」が何より大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする