化粧水と乳液がひとつに!ハリつや肌のAYURA-アユーラ美白美容化粧液

【AYURA】モイスチャライジングプライマー コンビネーションドライWAの商品概要

発売から20年、百貨店でも取り扱われる信頼のAYURAブランドが本気で取り組んだ、シミ・そばかすに悩む方のための美白美容と、加齢とともに失われるハリの悩みに答える医薬部外品の基礎化粧品です。

各層のうるおい循環を整えてターンオーバーを正常化し、ふっくらもちもちの透明肌に導きます。

配合されている有効美容成分

美白有効成分4MSK

メラニンの生成を抑え、紫外線によるシミ・そばかすを防ぐ4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)により、美白効果UP。


オリーブ葉エキスGL

高保湿成分オリーブ葉エキスGLにより、明るく輝くようなツヤとハリを与えます。


桃仁(とうにん)エキスGL

高保湿成分桃仁エキスが角質層にまで届き、肌の内側からハリを整えます。


循環保護成分

エリストール、N-ラウロイル-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、ポリオキシエチレン(14)、ポリオキシプロピレン(7)、ジメチルエーテル保湿などの成分を配合し、肌の循環に働きかけ、ターンオーバーの正常化を導きます。


和漢植物循環水

高麗人参エキス、当帰エキス、ヨク苡仁エキス、グリセリンなどの配合により、うるおいに道がしなやかな肌環境を整えます。


環境センシング成分

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、メタクリル酸ブチル共重合体液、グリセリンなどの成分が、外界の湿度に合わせて、肌のうるおい状態を適度なバランスに保ちます。


アロマティックハーブ

肌は精神状態に敏感。イライラや不安は、肌コンディションに強い影響を与えます。

AYURA モイスチャライジングプライマー コンビネーションドライWAには、アロマティックハーブが配合されており、ストレスが多く高ぶりがちな現代女性の心をおだやかにほぐします。


モイスチャライジングプライマー コンビネーションドライWA

化粧水でも乳液でもない【化粧液】の利点

化粧水でも乳液でもない【化粧液】というスタイルになったのは、理由があります。

肌に近い組成バランスで浸透力の安定化

AYURAの化粧液は、水分・油分・保湿成分の組成バランスが限りなく肌に近い状態で作られています。

これにより、化粧水でも乳液でも実現できなかった浸透力を実現。

肌にのせた瞬間、すーっとなじんで安定します。

うるおいを閉じ込めて逃がさない

水分と保湿成分を肌の奥まで届けながら、同時に肌をラッピング。

水分と油分のうるおいバランスを保ち続け、長時間保湿を可能にします。

モイスチャライジングプライマー コンビネーションドライWA

スポンサーリンク

AYURAモイスチャライジングプライマーコンビネーションドライWAの口コミまとめ


敏感肌なので、AYURAの製品は私には合っていると思います。

少しとろみのある感じの、「ゆるめの乳液」という感じの化粧液です。
ベタつきはなく、肌がモチモチする感じ。
時間が経っても乾燥せず、肌のモチモチ感が持続します。
美白効果については、まだ数週間しか使ってないので何とも言えないです。



さわやかな香りの化粧液で、しっとりだけど軽い使用感でとても使いやすいです。
化粧水の後に使っていますが、その後のクリームや美容液は全然必要ない感じ。
翌朝もモチモチしていて、保湿力が高いのを実感しています。

でもお値段が高めなので、思い切り使うのは気が引けてしまいます…。



化粧水のあと、軽くマッサージしながら肌にのせ、ハンドプレスしていくと、ぐんぐん浸透していきます。
グリーンフローラルの香りに癒されるし、気分もリラックスする感じがします。
スキンケアがとてもシンプルになり、楽になりました。
シミ・そばかすへの効果を実感するには時間がかかると思いますが、メーカーへの信頼で続けたいと思います。



すごく肌がやわらかくなります!
美白成分が入っていると乾燥しやすい印象のものが多かったのですが、こちらはモチモチ・しっとりうるおいます。

肌の奥からうるおっている感じを実感しています。
ニキビ跡も薄くなってきた感じ。
お肌の調子が全体的に良くなって、ワントーン明るくなり、ファンデーションを薄くしても肌がきれいに見えるようになりました。



香りは悪くないですが、ちょっと入浴剤?のような風合いです。
個人的にはもうちょっと高級感のある香りが好きです。

使い心地はとても良くて、保湿感がスゴイです!
お肌がモッチリうるおいます。
最近では大人ニキビが減ってきて、肌のキメが整ってきました。


モイスチャライジングプライマー コンビネーションドライWA

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする