奥二重もパッチリ目になるアイシャドウ:アディクション68番ノスタルジア

一重マブタや奥二重の方の中には、「アイラインやアイシャドウをキレイにのせるのが難しい」と感じたことのある人が少なくないのでは…?

私の目は、アイメイクがちょっと難しいタイプの奥二重。

そんな私がずっと愛用している、「パッチリ目になれるアイシャドウ」をご紹介します!

【ライター:Ako】

スポンサーリンク

アディクション68番ノスタルジア

私が愛用しているのは、「アディクション」のアイシャドウ、68番の「ノスタルジア」というカラーです。


出典:item.fril.jp


見た目は濃いブラウンなのですが、実際にまぶたにのせてみると、色みが強くつくというわけではなく、程よく上品で細かいラメが折り重なって、深みのあるまぶたを作ってくれる感じです。


アディクションを使う前は、まぶたに陰影をつけて目を大きく見せたくても、奥二重のせいか塗ったアイシャドウの色に負けてしまって、はれぼったいような、やぼったい印象になってしまうことが多く、毎朝のメイクが憂鬱でした。

ですがこのアディクション68番アイシャドウに出会ってからは、本当にアイメイクが楽になったんですよ~!

何色もグラデーションで色を重ねなくても、これひとつで自然と深みがある目元を演出してくれるので、短時間ではっきり・くっきりとした目元が作れます。

また、メイクの持ちもいいので、途中で下マブタにラメが落ちてきてしまうようなこともなく、夜までメイクなおしの必要がありません。


ノスタルジアのほかにも、アディクションにはたくさんのカラーが出ています。

それぞれのカラーに覚えやすい名前がついていて、どれも肌なじみがよく、華やかさを演出できるので、とてもオススメです。


価格は一色2000円前後と、それなりのお値段なのですが、ラメの色移りがしない点・発色やメイクのノリなど、総合的に考えると満足度の高い製品ですので、気になっている方はぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

一般の口コミ評価まとめ

ここからは一般の口コミ評価まとめです。

ご参考にどうぞ。

かなり発色が良く、使いやすいです。

♯99は涙袋に、♯92はエクセルのアイシャドウの上からのせて使っていますが、これをプラスするだけで、目元の輝きが全然違ってきます。

華やかな雰囲気になるのに、粉飛びすることもありません。

単色使いでも十分使えるスグレモノなので、これからもリピートしていくと思います。



ラメがすごくきれい。

いつものアイメイクにプラスするだけで、雰囲気が変わって華やかになります。

パウダータイプなので、ラメが落ちてくるんじゃないかと心配しましたが、肌への密着感はとても良いです。

他の色も買いたくなってしまうアイシャドウです。



ラメがキレイで、テンション上がります。

でも、つけすぎるとケバケバ・ハデハデになってしまうので、つける量には注意が必要。

お値段もそんなに高くないので、いろいろそろえて試すのが楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする