オーガニックのクレンジングより肌に優しいメイク落とし方法

クレンジングって、けっこう肌に負担がかかりますよね。

敏感肌だと、毎日のクレンジングで肌荒れしてしまうことも…。

私が普段から行っているメイク落とし方法なら、肌にやさしく、肌荒れの心配がありません。

クレンジングによる肌刺激に悩んでいる方、必見!

スポンサーリンク

メイク落としはクレンジングでなくてもできる!

【ライター:Voyage】


私は子供の頃から肌が弱く、いわゆる敏感肌で、化粧品に関しては人一倍気を使ってきました。

敏感肌対策は、高価な化粧品を使えば良いというものでもなくて、なるべく添加物が少ないもの、アレルギー成分が入っていないものの中から、最終的には自分自身の肌で実際に使ってみて、大丈夫かどうかを判断することになります。


たとえ「肌に優しい」というイメージのあるオーガニックコスメでも、使われている植物エキスが合わなかったり、エタノールが使われていたりすると、肌はすぐに反応してしまうため、私にとって化粧品選びはかなり困難を伴うものでした。


本当に少ない選択肢の中から、より刺激の少ないものを選んでなんとかやってきたのですが、出産後、さらに肌荒れがひどくなってしまい、それまでの化粧品がすべて合わなくなってしまいました。


特に目の周りのかぶれがひどくて、何もつけなければ乾燥するし、かといって合わないものを肌にのせても荒れてしまう…、というジレンマをかかえ、どうにも対処しようがなくなってしまっていました。


自己判断で化粧品をアレコレ変えてみてもラチがあかないので、皮膚科で見てもらうことに…。

受診した皮膚科で処方されたのは、意外にも白色ワセリンだったのです。

皮膚科のドクターによると、「皮膚の保湿はワセリンだけで充分」とのこと。


医師の指示通りに「洗顔後は軽く化粧水をつけたあと、ワセリンでフタをする」という保湿を始めてから、肌の調子が良くなり始めました。


しかしそれでもクレンジングの問題が残っています。

クレンジングは、あらゆるスキンケアの中で肌に一番負担がかかる行程ですから、これをクリアしないと肌荒れ対策として中途半端だと感じていました。


そしてふと思ったのが、「ファンデーションは油分なので、同じ油分のワセリンできれいに落とすことができるのではないか」ということでした。

ワセリンを使ったスキンケアは「私の肌荒れの救世主」と言って良いくらい自分の肌に合ったものだったため、ワセリンでのメイク落としが可能なら、肌荒れと完全にサヨナラできるかもしれないと考えたのです。


そんな思いでアレコレ試行錯誤してみた結果、以下のやり方なら、クレンジングの代わりにワセリンでメイク落としをすることができる、という結論に至りました。

スポンサーリンク

ワセリンを使ったメイク落とし方法

ぬらしたタオルを電子レンジで温め、ホットタオルを作っておきます。


ワセリンを適量手のひらに取り、両手の体温で少し温めます。

しばらく手で温めていると、ワセリンがゆるんできます。

ゆるめたワセリンを顔全体に塗り広げます。


この、とろりとした状態のワセリンを使うのがポイント

ワセリンはテクスチャーが硬めなので、そのまま使うと摩擦による刺激で肌にダメージを与えてしまうため、必ず温めてゆるめる行程を忘れずに行って下さいね。


ワセリンがメイク全体に馴染んだら、用意しておいたホットタオルを顔にのせて、しばらく蒸らします。

タオルの面を変え、また顔を蒸らす、というのを2,3回繰り返していると、ワセリンの油分顔からタオルに移り、同時にメイク汚れがタオルに移っていきます。

顔の油分が気にならなくなったら、ぬるま湯ですすいで終わりです。


もし肌に残留したワセリンが気になるなら、メイクを落としたあと、せっけんを使った泡洗顔でスッキリさせてください。


ワセリンを使ったクレンジングの良いところは、肌に優しいだけではありません。

とても経済的なところもおすすめポイント。

私は純度の高いサンホワイトを使っていますが、それでもオーガニックコスメのクレンジングと比べたらかなり安く済みます。


濃いめのポイントメイクも、ワセリンをしっかりゆるめてなじませれば、きちんと落ちます。

どんなクレンジングを使っても肌荒れしてしまう方、高価なクレンジング材を買い続けるのがキツイな、と感じている方は、身近なワセリンを使ったメイク落としをぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする