乾燥肌の改善方法|カサツキの原因は洗顔後のスキンケアにあった!


洗顔後、肌の乾燥やパサつき・カサツキが気になっていませんか?

泡洗顔そのものを見直す方法もありますが、泡洗顔のスッキリ感がやめられない、という方もいます。

そんな時は、洗顔後に当たり前のようにやっている、ある習慣を見直してみましょう!

スポンサーリンク

冬の乾燥・ゴワツキ・カサツキは泡洗顔が原因?

【ライター:成田りな】

毎日朝晩、1~2回、洗顔フォームをつけて顔を洗うのを日課にしている方は、男女を問わず多いですよね。

私も、泡洗顔後のすっきり感、汚れを落としたとはっきり実感できるあの感覚が好きで、泡洗顔は朝晩しっかりやっています。


でも泡洗顔の後って、冬などは特に、「肌が突っ張る感じがあって嫌だな」と思うこともありますよね…。


「冬は空気が乾燥していて、肌も乾燥しているので、洗顔後の肌がカサつきやすいのは当たり前」と思っていませんか?

私も以前は、洗顔後の乾燥・ゴワツキ・カサツキが気になっていましたが、実はそれは泡洗顔のせいではなかったようです。


某化粧品メーカーのBAさんに教わった方法を試してみると、最初の1回目から肌の乾燥が気にならなくなりました。

その方法とは、…。

スポンサーリンク

洗顔後のタオルのふき取りをやめたら肌がしっとりツヤツヤに!

洗顔後の肌のカサつきは、実は肌のダメージによるものです。

肌ダメージの原因は、誰もがあたりまえのようにやっている、洗顔後のフェイスタオルでの拭き取りにあるのだそうです。


BAさんによると、「洗顔後はフェイスタオルで拭かず、軽く手のひらでペチペチとたたいて水分をふき取るのが良い」とのこと。

たたくといっても、本当に軽く、「水を指でふき取る」くらいの感覚です。

あとはそのまま、化粧水を手のひらにとり、優しくつけるだけ!

必要に応じて乳液やクリームをつけて終わりです。


この方法を知ってからは、もう何年もずっと続けていますが、40代半ばになった今も肌はピチピチのままです。

特に高い化粧品やエイジングケア用品は使っていません。


タオルでふかず、しずくがしたたり落ちそうな状態で化粧水をつけるのは、最初はちょっと違和感がありましたが、慣れればその方が潤うし、何といっても肌ダメージがないので、肌が健康になっていくのが実感できます。


簡単な方法で乾燥肌やカサツキが改善できるので、本当におすすめ!

「自分は乾燥肌」と思っている方、「乾燥が気になるけど泡洗顔がやめられない」という方は、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする