脂性肌と乾燥肌の特徴を持つ混合肌の原因と改善方法

あなたは乾燥肌ですか?

それとも脂性肌?

個人差はありますが、実際には「パーツによって乾燥肌と脂性肌が混在している」という、混合肌タイプの人が多いようです。

乾燥肌部分と脂性肌部分では、スキンケアは分けるべきなのでしょうか。

正しいケアとは…?

スポンサーリンク

脂性肌部分に合わせたスキンケアはインナードライを引き起こす?

混合肌の人の悩みの、本当の原因は、「インナードライ」である可能性があります。


「混合肌」を自覚する人の多くが行っているのが、パーツごとに分けたスキンケア。

皮脂分泌が活発で、油分が多いと感じるTゾーンには、「しっかり洗顔」や「皮脂を取り去るケア」をしているのではないでしょうか。

私たちの肌は、一定量の皮脂が分泌することによって表皮を守り、肌バリアを形成しています

その皮脂が取られ過ぎてしまうと肌は、不足した油分を補うため、よけいに皮脂を分泌させてしまいます


急ごしらえで作られた皮脂は、ドロドロ・ベタベタの脂に…。

その結果、「Tゾーンと頬のまわりだけ脂性肌・あとは乾燥肌の混合肌」ということになってしまうのです。

スポンサーリンク

正しい混合肌のスキンケアと対処方法

混合肌の正体は、インナードライであるということがお分かりいただけたと思います。

では、混合肌のスキンケアはどうすればよいのでしょうか。

洗顔を見直す

皮脂の取り過ぎが皮脂分泌過剰を招いているわけですから、まずは皮脂を取り過ぎる洗顔をやめることです。

ダブル洗顔不要のクレンジングに切り替えるか、皮脂を取り過ぎないマイルドタイプの洗顔料を選ぶようにしましょう。

保湿はしっかりと

脂性肌になっている部分も、保湿が足りない結果として、ベタベタの皮脂が分泌されてしまっているわけですから、乾燥している部分同様、しっかり保湿していく必要があります。


脂性肌を自覚している人は、油っぽい部分には化粧水だけつけて終わり、という人も少なくないようですが、それでは皮脂分泌過剰を招いてしまいます。

保湿力が高く、浸透力の高い美容液やジェルなどを取り入れ、しっかり保湿しましょう。


さっぱりケアを続けていた方は、最初は多めに保湿剤を塗り、乾燥して荒れた肌を保護してあげてください。


しばらく保湿ケアを徹底することで、皮脂分泌が落ち着き、しっとり・サラサラの肌がよみがえってくるはずです。

ケアのし過ぎは厳禁!

ここで注意しなくてはならないのが、「過剰なスキンケア」。

「マッサージのし過ぎ」「さわり過ぎ」「ケアのし過ぎ」は、肌にとって負担でしかありません。

気になる気持ちはわかりますが、たっぷりしっかり保湿したら、あとは自然の肌の回復力にまかせましょう

肌に良い生活習慣を心がける

美肌を作るためには、スキンケアを見直すだけでは限界があります。

夜更かしや睡眠不足が続いたり、毎日お風呂に入らずシャワーだけで済ませたり、ジャンクフードや甘いものばかり食べていては、皮脂の過剰分泌や毛穴の開き、部分乾燥などの肌トラブルを招いてしまいます。

バランスの良い食事と、体に無理のない生活習慣を心がけ、肌をしっかり休ませるようにしましょう。


特に食生活は肌に影響します。

毎日食べるものが体を作り、肌を作っていくので、栄養バランスの偏った食事や不規則な食生活を自覚している人は、できるだけ改め、肌が喜ぶ食事を選んでいくことが大切です。

スポンサーリンク