【冷え性の改善】実際にやってみて効果があった対策方法

女性に多い冷え性は、40代、50代と年代が上がるごとに増えていく傾向にあります。

冷え性が深刻化すると、あらゆる病気の原因にもなってしまうため、できるだけ早急に対策を取って改善していくことが大切です。

極度の冷え性が悩みだったというWEBライターのhokkoさんが、実際にやってみて効果があったという冷え性の対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【ライター:hokko】

出産後、体質が激変して冷え性に…!

私の健康上の一番の悩みは、冷え性でした。

冷え性なんて全く縁がなかった私でしたが、30代後半に帝王切開で出産してからというもの、体質が激変。

秋から冬にかけては当然ながら、特に寒さがつらく感じるようになってしまっていましたが、夏でさえ手足が常に冷たく感じるほどひどいものでした。

友達や家族からも「手、冷たいね、大丈夫?」と心配されたりするように…。

冷え性を自覚した頃から、風邪もひきやすくなっていました。


出産前の30代前半までは、ビールやアイスなど、一年中通して冷たいものが大好きでしたが、体質が変わってからは、夏でも冷たいものを口に入れようなんて気には全くなれず。


コーヒーはもちろん、夏でもホット。

冷房も大嫌いで、どこに行くときも必ずカーディガンを持参していました。

夏の就寝中も冬用のもこもこ靴下をはいてないと寝られないほど、ひどい寒がりになってしまっていたのです…。

スポンサーリンク

冷え性の体質改善

冷え性を自覚するようになってから、体質改善のためにいろいろな事を試すようになりました。

以下に、私が実際に試して冷え性改善に良かった・効果があったと思う方法をご紹介します。

とにかく冷やさない

冷えを放置すると、特に女性はあらゆる病気につながると言います。

まずは体が冷えないよう、外からの保温は万全にしました。


暖かい服や下着、寝具など、身の回りのものは全て暖かそうなアイテムに買い変えました。

これはもう、考えるより「暖かそうなものが目に付いて」買ってしまっていた、と言った方が正しいかもしれません。

カイロも、秋からは毎日2枚、お腹と背中に貼る生活でした。

根本的な体質改善のためにやったこと

暖かアイテムを買うだけでは、本質的な体質改善にはつながりませんね。

このまま一生冷え性と付き合うのは嫌!と思っていたので、根本的な体質改善に乗り出しました。

養命酒

まず始めてみたのは養命酒。

3年間くらい、ほぼ毎日続けて飲んでいます。

冷え性への効果は微妙ですが、全体的に体調は良くなってきているように思います。

酢ショウガ

冷え性改善に良いと聞いて、酢ショウガも食べるようになりました。

簡単なので、手作り、というほどでもないですが、自分で漬けて食べています。

【酢ショウガの作り方】
ショウガを、スライスでもみじん切りでも、お好みの大きさに切り、酢につけ込みます。
これだけです。
1日に、ショウガ20gと酢を大さじ2杯程度いただきます。
冷蔵庫で、2~3週間持ちます。
(すりおろしたショウガでもOK。)

酢ショウガは、体がぽかぽかと温まり、冬の厳しい冷えを改善するのにとても効果があります。

大豆イソフラボン

40歳前後になり、そろそろ更年期も気になる連例に差し掛かっています。

「更年期の体質の変化で冷え性がひどくなった」という面もあるかもしれないと思い、イソフラボンが多く含まれる大豆類もとるようにしました。

イソフラボンには、女性ホルモン様の働きがあり、腸内環境を整えて更年期障害の諸症状を改善する効果があるとされています。


冷え性への効果は何とも言えないですが、便通が良くなり、肌の調子が良くなってきています。

運動

私が色々試してみた中で、「何より一番効果があった」と思っていることが、運動習慣を身につけたことです。

人は、筋肉の量が減ると基礎体温が下がり、体が冷えやすくなります。

筋肉量は、加齢とともに減っていってしまうし、若くても運動量が少なかったり食事量が少なかったりすると、簡単に減ってしまいます


30代になってからの私は、外出やスポーツなどをする機会も減っていて、まさに筋肉量が減っている、という感じがしていました。

とは言え、小さな子供を持つ母の身で、いきなりスポーツを始めるわけにもいかず。


筋肉をつけるためには、まとまった時間でなくても、少しずつの運動の積み重ねでも大丈夫、という話を聞いたことがあったので、スキマ時間を見つけては、その場でスクワットをしたり、テレビを見ながらストレッチや「立ったままその場で腹筋」などを実践しました。


その他にも、毎朝ラジオ体操をしたり、子供との散歩を増やしたり、家の階段を駆け足で登ったり、空中自転車こぎをしたりして、スキマ時間をみつけては、とにかくチョコチョコ動くようにしています。

そのおかげか、昨年の冬は久しぶりに1回も風邪を引かずに過ごすことができました。

筋肉量がふえてきているためか、最近は階段を上るのにいちいちため息をつくこともなくなりました。


肝心の冷え性は、靴下をはき忘れて寝てしまうことも増え、かなり良くなってきています!

一度冷え性になってしまうと、本当に寒いしだるいしやる気も出ないし、毎日がつらくなってしまいますから、冷え性が気になっている方は、これらの方法を実践して、ぜひ冷え性を改善してみて下さい。

スポンサーリンク