塗る日焼け止めでは紫外線対策不十分?飲む日焼け止めで完璧ブロック!

紫外線がどんどん強くなっていく季節です。

もちろん皆様、毎日日焼け止めで紫外線をブロックしていますよね?

でも実は、塗る日焼け止めだけでは、紫外線対策は不十分なのです…!

tw0006


特に、レジャーに出かける日や、一日のほとんどを外で過ごす日などは、単に日焼け止めを塗っただけの紫外線対策では、翌日後悔することになってしまうかもしれません…!

スポンサーリンク

女医・日比野佐和子先生も実践している!サーフィン前のビタミンC&抗酸化対策

アンチエイジング美白で有名な女医の日比野佐和子先生。

tw0007

引用元:https://baike.m.sogou.com

日比野佐和子先生のご趣味は、なんとサーフィン!

サーフィンに行く日の朝は、必ずイチゴを1パック食べて出かけるそうです。

イチゴに含まれるビタミンCなどの抗酸化物質には、シミの生成を抑制し、老化を予防する作用があります。


さらに、日焼け止めを塗ることができない目や、塗り忘れたところ・塗ることができない髪の生え際やつむじなどを守る効果がある上、日焼け止めが汗や水で流れてしまっても、1日中肌を守り続けてくれるので、とても合理的な紫外線対策なのですね。


…でも…。


でも、イチゴは、比較的安い季節の春でも1パック400円~500円以上します。

しかも足が早いので、レジャーに出る前日か、2~3日前には買って冷蔵庫に入れておかないと、この方法は使えません(汗)。

さらに、旬の季節でないとイチゴが手に入らなかったり、売られていたとしても、1パック1000円くらいの値段がついていたりします…。

スポンサーリンク

海外セレブは日焼け止めをサプリで摂っている!

なにかと手間ヒマお金がかかる紫外線対策ですが、海外セレブリティの間では、日焼け止めはもはやサプリを飲んで対策するのが常識になりつつあるようです。


以前から一部の人にはよく知られていたものの、美容皮膚科で診察を受けてから買うか、個人輸入するしか入手方法がなかった飲む日焼け止めサプリが、国内の通販で購入できるようになりました!

【飲む日焼け止め:ホワイトヴェール】

飲む日焼け止めのメリットは?

飲む日焼け止めサプリのメリットをまとめました。

体の内側から抗酸化作用を発揮するので、老化予防になる!

飲む日焼け止めは、皮膚の表面だけを保護する塗るタイプの日焼け止めと違って、体内の抗酸化力を高め、体全体を紫外線ブロック体にしてくれます。

つまり、紫外線のみならず、あらゆる酸化物質に対し、内側から体を守ってくれるというわけです。

紫外線対策しながら、体内の老化予防にもつながります。

日焼け止めを塗ることができない目を保護してくれる!

塗るタイプの日焼け止めでどんなに保護しても、目は無防備です。

目が無防備だと、日焼け止めを塗って保護しているつもりでも、シミの原因をになってしまうと言われています。


サングラスで守るしかありません。

サングラスだけでは、皮膚とサングラスのすき間から紫外線が入り込んでしまうため、帽子をかぶったり、紫外線ガード機能のあるごついサングラスをかける必要があります。

tw0009


…ファッションにも影響してしまいますね。


飲むタイプの日焼け止め・ホワイトヴェールには、目を保護する強力な抗酸化物質・ルテインが配合されています。

どうしても帽子やサングラスを使いたくない時は、飲むタイプの日焼け止めが有効です。

肌への負担がない!

塗る日焼け止めは、日焼け止め効果が高くなるほど、肌への負担も大きくなると言われています。

肌のことを考えるなら、できれば強すぎる日焼け止めは使わずに済ませたいもの。

飲む日焼け止めなら、肌に負担がかかるどころか、肌自身が持つプロテクト力を高め、肌老化を予防してくれる効果が期待できます。

服が汚れない!

日焼け止めを塗る時、どうしても気になるのが、服についてしまうこと。

強い日焼け止めだと、製品によっては普通の洗濯で落ちないことも…。


飲む日焼け止めなら、お洗濯のことを気にする必要がありません。

塗り直す必要がない!

飲む日焼け止めを朝のんでおけば、汗やプールの水で日焼け止めが落ちてしまっても大丈夫。

プロテクト効果が1日持続するので、日焼け止めが流れ落ちるのを気にすることなく過ごせます。




日焼け止めを塗りたくない人も、塗る日焼け止めだけでは心配な人も、単に老化予防したい人も、【飲む日焼け止め】で夏を乗り切りましょう!


↓の公式サイトから申し込もうと、今なら新発売記念の980円(送料無料)でおためしできます。

飲む日焼け止め:ホワイトヴェール 公式サイト

※キャンペーン等は、予告なく終了していることもあります。
 詳しくは公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク