顔のシワはスキンケアだけでは予防できない!世界一受けたい授業

顔のシワ予防には、毎日のスキンケアがとても大切。

でも、スキンケアをばっちりやっているのに、小じわが増えてきてしまったような…?

実は顔のシワは、スキンケアを一生懸命やっているだけでは予防できません。

スキンケアと共に気を付けておきたいこととは…?

スポンサーリンク

骨密度とシワには深い関係があった!?

参考:2017年10月21日放送:日本テレビ系列『世界一受けたい授業』
山王メディカルセンター 女性医療センター長 太田博明 先生

アメリカ・エール大学の研究によると、「骨が丈夫かそうでないかは、顔のシワと深い関係がある」ということがわかったそうです。

骨密度が減って骨がやせてしまうと、頭がい骨全体も小さくなります。

皮膚を支えていた骨が縮んでしまうわけですから、余った皮膚がたるみ、シワが増えてしまう…、というわけです。

ということは、顔のシワ対策をするなら、スキンケアをしっかり行うと同時に、骨を丈夫にする食生活と生活習慣を続けていくことが大切になってきますね。

骨が丈夫だと臓器も丈夫になる

さらに、骨から分泌されるホルモン『オステオカルシン』には、すい臓など全身の臓器の働きを助けるという大切な役割があります。

骨を丈夫にすることは、骨粗しょう症を予防するだけでなく、皮膚のシワを予防し、体全体を丈夫にするということにつながっていたのです。

スポンサーリンク

骨ホルモンを増やす運動

骨を丈夫にし、骨ホルモンを増やすための簡単な運動のご紹介です。

1.直立状態に立ちます。
2.かかとを上げ、つま先立ちになります。
3.かかとをストンと一気に落とします。
4.2~3を繰り返します。

これだけです。

この2~4の動きを、3秒に1回くらいのペースで行ってください。

1日に60回くらいを目安に行うのがおすすめですが、一気に60回やらなくても、1日に何回かに分けてやってもOKです。


ストンと落とす時、ちょっとだけ頭に衝撃が来るくらいの強さで行うのがポイントです。

これにより、骨が適度に刺激され、骨ホルモンが出やすくなる、というワケです。

もちろん、これだけやって入ればシワが改善するというものではありません。

スキンケアをはじめとするシワ対策はしっかり行った上で、骨を丈夫にするエクササイズも毎日続けていきましょう。

目の下・目尻、目の周りのしわ・たるみを改善する方法

スポンサーリンク