老化を加速させる運動不足病!専業主婦・デスクワークは要注意

3133

普段から、体を使うおそうじなど、適度に負荷のかかる動作をしていますか?

座りっぱなしのデスクワークや、専業主婦で効率的に手抜き家事ができるようになってしまった人は要注意。

運動不足病運動不足病という、万病の元となる病気(?)があるそうです。


運動不足病、別名廃用症候群(はいようしょうこうぐん)とは、本来は病気療養中などで体を動かす機会が少ない人に起こるもので、全身の色々な機能が低下していく症状のことを言います。

病気でもないのに、廃用症候群みたいな病気にかかる生活って…!?

スポンサーリンク

1~2日怠惰に過ごしただけで筋肉が激減してしまう!?

科学の進歩により、生活全般が便利になった現代社会。

今では、どんな年代の人でも運動不足病になる可能性が!


運動不足病が引き起こす影響は、単なる筋肉や体力の衰えにとどまりません。

心臓などの各臓器の機能低下、便秘や抑うつ・認知症などのリスクが上がる、危険な病なのです。


筋力は、使わないでいるとすぐに衰えてしまう機能。

1日動かさないで落ちる筋肉は、なんと3~6%とも言われているのです。


そして、1日分を回復するためにかかる期間は1週間!


スポンサーリンク



これが慢性化していけば、イライラしたり気分が沈みがちになったりと、精神状態も悪化します。

普段からあまり体を動かす習慣のない人は、「お風呂では腹筋」「ソファに座ったら足を上げる」「ものを拾う時はわざわざしゃがむ」など、生活の中に軽い筋トレを組み込んで習慣化しましょう。


生活の中に運動をとり入れる方法はたくさんあります。


お風呂でお腹をきたえる↓
夜間頻を治すついでにダイエット!?ポッコリお腹対策も!

「生活そのものを運動」にする↓
ながら筋トレを習慣づけて、インナーマッスルを鍛える

時間がなくても運動できる!↓
エクササイズは1分でOK?ズボラでもできる健康生活


面倒だから…と、一見楽そうな生活を続けていると、後でもっと面倒なことになってしまうかもしれません!

毎日の習慣が大切です!


スポンサーリンク