しみの原因は何?しみを増やさないために今やっておくべきこと

3126

しみはなぜできるのでしょう。


まず、紫外線を浴びることによってできるメラニンが一番の原因です。


スポンサーリンク


日焼け止めや帽子などでプロテクトしないまま強い日差しを浴びてしまうと、皮膚を守るためにメラニンが生成されます。


新陳代謝が正常に働いていれば、メラニンを含む細胞は徐々に角質層に押し上げられ、排出されてきれいな肌に生まれ変わっていきます。


でも日差しが強すぎたり、長時間日差しを浴びる生活をしていたり、新陳代謝が正常に働いてないなど、何らかの理由で排出がうまく行かないと、メラニンは肌に留まっていってしまいます。


しみは、排出されず真皮にたまって定着したメラニン色素なのです。


新陳代謝の周期は、過度のストレスや疲労、ホルモンバランスの崩れ、加齢などによっても乱れてしまいます。

スポンサーリンク

今からできるしみを予防する方法

真皮層に定着してしまったしみを消すのは非常に難しいですが、これからできるしみや表皮のメラニンは消すことができます。


新陳代謝を促し、ターンオーバーを促進するスキンケアと生活改善・食事改善を!

●1年365日、休まず美容成分入りの高品質な日焼け止めを
【敏感肌にやさしい低刺激日焼け止め】ノンケミカル処方のSPF50+

●スキンケアは、フラーレンなど高品質のビタミンC誘導体をラインに取り入れる

正しい入浴方法で新陳代謝を促す

●ビタミンC、E、ベータカロテンが豊富な、バランスの良い食事をとる
ビタミンA.C.Eが全て含まれるブロッコリーで老化予防!


しみを改善するための生活は、しわやハリの改善にもつながります。

「しみはそんなに気にしてないから」なんて思わず、生活の基本と心得て実践しましょう。


アンチエイジング女医で有名な、日比野佐和子先生の若返り方法には、アンチエイジング効果だけでなく、美肌効果・シミを薄くする効果もあるのでおすすめです!

日比野佐和子ドクターの20歳若返るアンチエイジング術4つ


シミシワたるみより100倍怖い骨粗鬆症。予防の要はビタミンDを増やす紫外線!

春は紫外線が意外と多い!顔のほてりを抑えてシミを防ぐには

スポンサーリンク