白髪は治る!マブチメディカルクリニック院長の白髪の治し方

40代を過ぎた頃から気になり始める白髪。

日本人は黒髪なので、たった数本でも白髪はとても目立ってしまいます。

tw0050

でも今までは、『白髪は黒髪の寿命が尽きたものなのであきらめるしかない』と言われてきました。

そのため私たちは、いったん白髪になってしまったら「染め続けるかあきらめるか」を選ばなくてはなりませんでした…。


ところが、最近の医学の研究では、『白髪は治せるかもしれない』という事がわかってきたのです。

馬淵メディカルクリニック院長・馬淵知子先生が教える、白髪を治す栄養素とは…!?

スポンサーリンク

生まれつきの髪は誰でも白い!?

馬淵先生によると、私たちのもともとの髪は本来、真っ白なのだそうです。

白い髪の毛根に、髪を黒くする色素であるメラニンが入り込むことによって、髪が染められ、皮膚から生えてくる頃には真っ黒になっています。


つまり、逆に言うと、毛根にメラニンが入り込めなくなってしまった髪が白髪、ということになるわけですね。

ということは、メラニンが毛根に入る機能をしっかりと回復させることで、白髪を黒髪に戻せるというわけです。

貧血気味の人は白髪になりやすい!?

同じ年齢層で比較しても、『貧血の人は白髪になりやすい』という傾向がみられます。

貧血に関係する栄養成分は、髪を黒くする栄養とも深い関わりがあるのです。


髪の毛は、血管から運ばれてくる栄養素を吸収し、それをもとにして生えています。

ですから、貧血の人は髪に届けられる栄養も足りないため、白髪になりやすくなってしまうのです。


特に女性は貧血の人が多く、『女性の3~4人に一人は貧血』とも言われています。


さらに、女性にはどうしても血液または血液の元になる成分が大量に消失してしまう時期があります。

月経、妊娠、出産、授乳、閉経です。


「出産後、抜け毛や白髪が急に増えた」という方が多いのはこのためです。


女性は特に、白髪予防と健康維持のために、増血作用のある栄養素をしっかり摂りましょう!

スポンサーリンク

白髪を予防・改善する方法

白髪予防・改善のためにとりたい栄養素

白髪予防・改善のための栄養素とはつまり、増血作用、貧血予防効果のある栄養素、ということになりますね。

増血作用のある栄養素は、以下の通りです。

◆鉄分
◆ビタミンB12
◆葉酸

など。

これらの栄養素を含む食品を、毎日バランスよく食べるようにしましょう。

鉄分を多く含む食材

◆魚介類 煮干し、干しエビ、アユ、めざし、かつおぶし、シジミ、あさり
◆肉類 豚・鶏・牛レバー、牛肉(赤身)、コンビーフ、ビーフジャーキー
◆海藻類 焼きのり、干しのり、味付けのり、いわのり、ヒジキ
◆豆類 きな粉、グリーンピース、油揚げ、がんもどき、こしあん
◆その他 卵、ごま、ピスタチオ、アーモンド、くるみ

ビタミンB12を多く含む食材

◆魚類 いくら、たらこ、にしん、マイワシ、さんま、かつおぶし、めざし
◆貝類 しじみ、あさり、赤貝、ハマグリ、牡蠣、ホタテ貝
◆その他の魚介類 いかの塩辛、ホタルイカ、するめ、さくらえび
◆肉類 牛・鶏・豚レバー
◆海藻類 焼きのり、干しのり、味付けのり、いわのり

葉酸を多く含む食材

◆野菜類 枝豆、アスパラガス、芽キャベツ、春菊、そら豆、ブロッコリー、ほうれん草
◆果物類 アボカド、マンゴー、いちご、ライチ
◆肉類 牛・鶏・豚レバー
◆豆類 ひよこまめ、きな粉、納豆
◆海藻類 焼きのり、味付け海苔、岩のり、青のり、あおさ
◆魚介類 生ウニ、数の子いくら、ホタテ貝
◆その他 抹茶、緑茶、卵、ごま


これらの食材を中心に、炭水化物・タンパク質・野菜・果物を毎日バランスよく食べる用にしましょう。

鉄分・ビタミンB12・葉酸が一度にとれる!貧血改善に【美めぐり習慣】


ところで、昔から白髪や薄毛予防に効果があると言われるワカメはどこにも出てきませんでしたね。

ワカメは「取りたてて髪に良い食材」というわけではありませんのでご注意を…。


とは言え、栄養豊富な海藻であることは間違いありません。

ワカメもその他の食材も、とにかく『バランス良く』食べることが大事です。

栄養を頭皮の毛細血管まで届ける頭皮マッサージを!

貧血改善のために鉄分、ビタミンB12、葉酸をがんばって摂っても、それを頭皮にまで届けるための血行が悪かったら、あまり良い成果が期待できないかもしれません。

頭皮に、そして毛根に栄養を届けるためには、血行を良くすることが大切。

頭皮の血行を良くするのに最適なのは、頭皮マッサージです。


毎日のシャンプーの際に、10本の指で頭皮をつかみ、グイグイと動かしましょう。


あくまでも、しっかりつかんで頭皮を動かすのであって、指で頭皮をこすらないこと。

強くこすると頭皮を傷つけてしまい、薄毛の原因につながりますので気を付けましょう。

良質の睡眠をしっかりとる

白髪改善に良い栄養素を摂り、血行を良くするマッサージをしたら、質の良い睡眠で新陳代謝を活性化させましょう。

質の良い睡眠を取るためのポイントは以下の通り。

◇毎朝必ず朝日をあびる
◇朝、軽い運動をする
◇コーヒーは睡眠の6時間前までで済ませる
◇睡眠の2時間前に入浴する
◇夕食にトマトやキュウリなどの体を冷やす食材を食べる
◇寝る前のスマホ・パソコンは控えめにする
◇寝室の温度は寒すぎず・暑すぎず、最適に
◇寝室の明かりや物音はできるだけ排除する

午後10時から午前2時でなくても良い!?

以前は、午後10時から午前2時の時間帯のことを「シンデレラタイム」と呼ばれ、この時間帯に熟睡していることが良質な睡眠の条件であると言われていました。

しかしながら、10時に熟睡するためには、9時半にはベッドに入っていなくてはならない計算になる「シンデレラタイム」の時間設定は、あまりにも早すぎて現実的に無理な人の方が多く、現代社会に生きる私たちにとっては継続して守ることが難しいものでした。

最新の研究では、眠りに入ってからの最初の90分間をはじめとする6~7時間の睡眠の質が高ければ、時間帯はそれほど気にする必要はない、という考え方が主流になっています。

シンデレラタイムにこだわらず、「自分の時間」で良いので、リズムの整った規則的な生活をすることが大切です。

白髪を気にしすぎると白髪が増える!?

必用な栄養をしっかり摂り、頭皮の血行を良くする努力をしても、全ての白髪が治ると言うわけではありません。

あくまでも『治る可能性がある』というものです。


『頑張っているのに治らない!』と、治すことがストレスになってしまうと逆効果です。

白髪に限らず、気にし過ぎや心配のし過ぎはストレスになります。

ストレスは血流に影響するため、気にしすぎると血行が悪くなってしまう可能性があります。


これではせっかくの努力が水の泡に…(汗)。


頭皮ケアの継続は、薄毛予防にもつながるので、決して無駄にはなりません。

『貧血を治し、頭皮ケアをしているついでに白髪も治ったらいいな』くらいの気持ちで続けましょう。

気長に、そして気楽に続けることが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. […]   ⇒白髪は治る!?マブチメディカルクリニック院長が教える白髪の治し方 […]