二重あごの改善・解消に効果!簡単な顔の筋トレ・エクササイズ

顔全体の印象が太って見える二重あご。

老け顔・オバサン顔に見えてしまう二重あご。

フェイスラインがぼやけていると、メイクをしてもキレイに映えません…。

でも大丈夫!
「私って二重あごかも?」と気づいた時がチャンスです!

二重あごはエクササイズや筋トレで改善していきますので、毎日実践してしっかり解消していきましょう!

スポンサーリンク

もともと二重あごになりやすい体型や骨格

二重あご改善の前に、もともと二重あごになりやすい体型や骨格があることを確認しておきましょう。

以下のタイプの人は、二重アゴ改善エクササイズや筋トレだけでは改善しにくい場合があります。

太っている

太っている人や、昔より太ってきたことを自覚している人の場合、ダイエットによってある程度脂肪を落とすということも必要です。

皮下脂肪が厚いと、あご周りの筋トレやエクササイズだけでは限界があります。

あごの骨が小さい

二重あごは、生まれつきの骨格が原因になっていることもあります。

下あごの骨が小さく、上あごより下あごの方が引っ込んでいるようなタイプの人は、体型や年齢に関係なく二重あごになりやすい性質を持っています。

生まれつき二重あごになりやすい骨格であっても、エクササイズと筋トレを毎日続けていくことで、スッキリしたあごに近づけることも可能です。


太っているわけでもなく、あごの骨が小さいわけでもないのに二重あごというのは、あご周りの筋肉が衰えていることと顔のたるみが原因であると考えられます。

そのため、二重あご解消には、あご周辺の筋トレと顔のたるみを引き締めるエクササイズがとても効果的です。

スポンサーリンク

二重あごになりやすい生活習慣やクセ

体型や骨格に問題がなくても、生活習慣やクセ、姿勢などによっては二重あごになりやすい場合があります。

スマホのやりすぎ・長時間の事務仕事が二重あごを招く!

毎日うつむき加減で長時間スマホを操作する人、同じ姿勢のままで事務仕事やパソコン作業をしている人は、二重あごになりやすい傾向にあります。

これは、長時間同じ姿勢でいること・特にうつむいた姿勢を継続することによって、筋膜が凝り固まってしまうために起こるもの。

毎日うつむいて作業することが多い人・スマホ操作時間が長い人は、15分おきくらいの頻度で休憩し、顔を上げて首を回したり肩を回したりして筋膜をほぐし、二重あごを予防しましょう。

ほおづえをつく人は二重あごになりやすい

ほおづえをついている時、人は自然に首をグッと前に出し、アゴを突き出して、手のひらに顔の重さを預けています。

この時、首やアゴの筋肉は、ほとんど使われていません。

そのため、長時間ほおづえをついたままの姿勢でいると、顔まわりの筋肉が衰えてたるんでいきます。

さらに、手でずっとアゴを抑えているため、リンパの流れを阻害して体のめぐりが滞り、むくみやすくなります。


普段からほおづえがクセになっている人は、二重あごになりやすいのでご注意を。

猫背の人は二重あごになりやすい

猫背の人は、何もしなくても一日中うつむいているのと同じ姿勢をキープしているため、筋膜や顔の皮がゆるみやすく、二重あごになりやすいです。

姿勢を良くするだけでも二重あごの予防につながりますので、自分が映っている写真や鏡を見て、猫背になっていると気づいたら、今日から姿勢を正し、キリッと前を見て歩くようにしましょう。

姿勢改善で顔のタルミ・ほうれい線改善!

スポンサーリンク

二重あごを改善する方法

二重あご解消に効果的な簡単エクササイズ

二重あご解消に効果的な筋トレは、あごを上に上げ、舌を鼻の方に思い切り突き出す動作です。

この筋トレを行う際には、動く筋肉にしっかり負荷がかかっていることを意識していきましょう。

tw0045

筋肉にしっかり負荷をかけながら行うと、下あごと首全面の筋肉がちょっと痛痛いくらいの感覚になりますね。

顔の筋肉がゆるんで二重あごになっている人の場合、筋力が衰えているため相当な負荷がかかります。

特にエラの下にある筋肉によく効いているのがわかると思いますが、「キツイな」と感じるまで、その状態をキープするよう頑張りましょう。


1日2~3回、思い出した時に行うだけで良いので、毎日続けてみてください。

少しずつたるんだ皮膚が引き締まってきて、徐々に二重あごが解消・フェイスラインが引き締まってきます。

首まわりをほぐして二重あご解消!

二重あごには首回りのストレッチも有効です。

首がこって固くなっていると、二重あごの原因になるため、首の筋肉をほぐしていく必要があります。


頭を前後左右に倒したり、ぐるりと回したりして首全体の筋肉を伸ばし、リラックスした状態にしましょう。

コリや緊張がとれると、自然と姿勢も良くなっていきます。

姿勢が良くなれば、リンパの流れも改善し、むくみ解消・二重あごの改善に効果が期待できます。


こちら↓のエクササイズも参考にしてみてくださいね。

ガムをかむ

二重あごの人は、あご周り・口まわりの筋肉が弱くなっている可能性があります。

あご周り・口まわりの筋肉が弱る原因としては、普段の食事であまり固いものをかまなかったり、かむ回数が少ないことがあげられます。


その場合は、ガムをかむのが効果的です。

ガムをかむときは、左右に差が出ないよう、右左バランスよくかむようにしましょう。


ガムには、唾液を出す効果もあるため、免疫力アップにもつながります。

また、認知症予防効果もあるとされています。

さらに、「ついつい食べてしまってなかなかダイエットできない」という人のダイエットサポートにもなります。


一石三鳥・四鳥以上の美容・健康効果が期待できるガムで、手軽に二重あごを改善していきましょう。



二重あご改善 筋トレ・エクササイズは、毎日少しずつでも続けて行けば必ず結果はついてきますから、できるだけ習慣化させ、すっきりしたフェイスラインを手に入れましょう。

スポンサーリンク