強いストレスがあると食欲が止まらずドガ食いしてしまう理由は?

強いストレスを感じ、イライラする日々が続くと、ついつい食欲に走ってしまい、いつの間にか体重が増えてしまった。

お腹も出てきてスカートも入らなくなるし、体が重くて余計に動かなくなってしまい、また太る。

思い切ってダイエットを始めたものの、ダイエットが新たなストレスになり、またドカ食いするという悪循環に陥ってしまう…。

tw0039


ストレス社会と言われる現代では、こんなストレスとダイエットに関する悩みを抱えている人は少なくありません。

なぜ人はストレスを強く感じると、食べることに走ってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

ストレスを感じるとドカ食いしてしまうメカニズム

ストレスを感じると、脳の大脳辺縁系が興奮し、ドーパミンというホルモンが多く分泌されるようになります。

このドーパミンには、摂食中枢に働きかけ、食欲を増大させる作用があるのです。

また、ストレスを感じていると、食事の時に「もうエネルギーはいらないよ」、「お腹いっぱいだよ」と知らせてくれる働きを持つ脳のレプチンの働きが鈍くなってしまいます。

このため、正常に満腹中枢を刺激することが出来なくなります。


これらの、ストレスによって脳に働きかける脳内物質が原因で、イライラすると食欲が出て、無性に何かしら甘いものや油っこいもの、ボリュームのあるものが食べたくなってしまうのです。

スポンサーリンク

普段からストレスを発散できる『何か』を作っておく

ストレスにまかせて好きなだけ食べる生活を続けていると、ますます太っていってしまい、しまいには高血圧や糖尿病などという生活習慣病になる可能性もあります。

危機感を持っている今のうちに何とかしなくてはなりません。


ストレス太りしやすい人は、食べること以外の楽しみを開発していきましょう。

好きなことや趣味など、何かに夢中になっている時、人は食べることも忘れて夢中になってしまうことがあります。


夢中になってやっていたことが終わったら、すぐ食欲がわいてくるかというと、そうではありません。


映画やゲーム、DIYなど何かを作る…、そういったことに夢中になっている時、脳からはドーパミンが分泌されます。

ドーパミンには、食欲を抑制する効果があるのです。


「没頭できる何か」をやっている時、人はあまり食べ物のことは考えないし、たくさん食べたいとも思わなくなるのはこのためです。

ここまで記事を真剣に読んでくださった方は、「アレ?」と思われたのではないでしょうか。


前半では「ストレスを感じるとドーパミンが出て食欲が増す」と言い、

後半では「何かに夢中になっているとドーパミンが出て食欲を抑制する」と言い…。


これらは、双方ともにネット等の情報で数多く得られるもので、それぞれ科学的根拠をもって言われているものです。

「ドーパミン 食欲」で検索すると、両方の情報がほぼ交互くらいに出てきます(笑)。


これを解釈してみると、

『ストレスによって出るドーパミンは食欲中枢に働きかけて食欲を増す』

『楽しいことに夢中になっている時に出るドーパミンは食欲中枢に働きかけて食欲を抑制する』

ということなのかもしれません。


同じドーパミンを出すなら、楽しんで出すことでダイエットにつなげましょう!

クッキングを趣味にしてみる!

いきなり「何か趣味を持て!」と言われても何をしてよいかわからない!という方も多いのではないでしょうか。

特にやりたい趣味もない方に、新しく始める事としておすすめなのがクッキングです。

「食欲をおさえてダイエットしたいのにクッキング!?」と、驚かれたかもしれませんが、おすすめするのには理由があります。

tw0076

味見である程度満足できる

調理中特に初めてのメニューを作る時は、何度も味見をします。

でも、食事の時ほど続けてたくさんの量を食べることはありません。

時間をかけて、少しずつ味見していきますね。


普段早食いで、少量ずつ時間をかけて食べるのが苦手な人でも、味見をしながらだと徐々に満足感が満たされていき、実際の食事の時にはそれほど空腹と感じてない状態になっています。

調理中の香りで満足できる

調理していると、おいしそうな料理の香りで部屋中が満たされていきますね。

人の脳は案外騙されやすく、食べ物のにおいや画像、人が美味しそうに食べている映像を見るだけでも、食べた気になって満足できてしまうのです。

それほどたくさん味見もしていないはずなのに、いざ食卓についたら、食事を作り始める前ほど腹がすいてない気がするのはこのためです。

ゆっくりとながら食べを楽しむ

どうしようもなくイライラして、今すぐ食べたい!という時ほど、食べることだけに専念するとドカ食いに走ってしまいがちに。

食べたい!と思った時こそ、まずは一呼吸おきましょう。

誰かに電話しながら少しずつ食べる、ネットでSNSを更新しながらちょっとおやつをつまむ、などのながら食べがおすすめです。

それでも食べたくなったら遠くのコンビニへ買い物に出かける

いやいや、趣味もネットも電話も興味ない!

どうしても食べたい!イライラがおさまらない!

という方。


どうしても食べたいと思うスイーツを求めて、ちょっと遠くのコンビニへ出かけてみてください。

歩きでも自転車でもランニングでも良いので、20分、あるいは30分くらい離れたところにあるコンビニで、食べたいものを買いましょう。


歩いたり、自転車で走ったりしたことによって、さっきまでのイライラは少しおさまり、体を動かしたことで食欲もおさまっているはず。

軽い有酸素運動にもなるので、おすすめです。


イライラにはアロマもおすすめ!

スポンサーリンク