サプリにスーパーフード、効果がある人とない人がいるのはなぜ?

スーパーフードと言われる食材や、○○改善に効果のある食材、サプリメントなどの情報が世の中にあふれていますが、「効果が高い」「よく効く」といった口コミがある一方で、「あまり効果が感じられない」あるいは「体調を崩した!」という口コミを見かけることもあります。

tw0013

また、高い口コミ評価を信じて買ったのに、自分は飲み続けても効果がなかった!という話もよく聞かれます。

サプリメントやスーパーフードは、なぜ効く人と効かない人がいるのでしょうか。

そもそも食材が体に「効く」とは、どういうことなのでしょうか。

スポンサーリンク

消化能力は人によって違う!

近年、「海藻を消化・吸収できるのは日本人だけ」ということがわかってきました。

日本人は、古来より豊富な海産物を食べてきたため、いくつもの世代を経て、海藻を栄養として消化・吸収するための消化酵素を腸内に蓄えられるようになっていったのです。

tw0014


また、大豆イソフラボンを消化して、女性ホルモンに似た働きをするというエクオールを作るエクオール産生菌を持っている人も、日本人のふたりに一人と言われています。

大豆イソフラボンを分解できない人の女性ホルモンは大丈夫?


同じものを食べても、誰もが同じ効果を得られるわけではないことの一例ですね。


海藻や大豆だけではありません。

人の腸内環境は人によって違うものであり、持っている消化酵素もそれぞれです。


サプリメントやスーパーフードも食品です。


有効に消化吸収できる人・効果があらわれるまで時間がかかる人・長く飲み続けていても全く効果を感じられない人がいるのはこのためなのです。

スポンサーリンク

1種類の食べ物にこだわりすぎず、いろいろな食材を試してみる!

まったく同じに見える食材でも、人によって効果がはっきりあらわれる場合とそうでない場合があります。

例えばヨーグルト。

ヨーグルトは、その種類によって持っている菌種も違います。

tw0015


専門医によると、体に合うヨーグルトは人それぞれ違うので、およそ2週間ごとに種類を変えて食べ比べてみて、自分にとって最も(お通じに)効果があると感じられたものを常食にすると良いそうです。

サプリやスーパーフードは、効果があっても実感できないこともある

食品なら、「○○が△△に効果があるらしい」と聞いて毎日食べ続けたとしても、一週間かそこらで「効果がない!」と思ったりしませんね。

もうちょっと気長に待てるはず。


サプリメントもスーパーフードも食品です。

薬品ではありません。

食品なのに、飲んですぐ目に見えるような変化があらわれたりしたら、逆に恐いです(笑)。


サプリメントやスーパーフードを買う時、口コミを参考にする方も多いと思いますが、ほとんどの商品に「即効性」はないと思っておいた方が良いでしょう。


食品同様、1か月、2か月、半年…と続けていくうちに、「なんとなく変わったかも?」と思うのが、自然食材の効果というものである事をお忘れなく。


また、何カ月もかけて徐々に変化していく体調は、自分でも変化を感じ取れないこともあります。

本当は改善してきているのに、「効いてない」と思ってしまうのはもったいないですね。


どうしても変化を実感したいなら、飲み始める前の数値や写真を記録として残しておくのも一つの手段です。

あくまでも食品を食べているのであり、即効性のあるお薬ではありませんので、ゆっくりと変化を楽しむようにしましょう。

スポンサーリンク