短いまつげの簡単盛りテク:ハーフつけまつげで目ヂカラUP!

自前のまつ毛が長い人は、マスカラで十分盛れますが、そんなに長くないまつ毛をマスカラだけで盛ろうとすると、ダマダマになってしまい、下手するとヒジキになってしまうことも…。

3123


ヒジキまつ毛が気になっている人におすすめしたいのが、マスカラ+つけまつげのハイブリッドアイメイク。


ある程度マスカラをつけたら、あとはつけまつげでアシストするのですが、簡単に盛りメイクできるのでおすすめです!

スポンサーリンク

つけまつげと聞くとなんだかギャルメイクみたい…と思われるかもしれませんが、使い方次第で自然な感じで印象を変えることができます。


フルサイズのつけまつげをそのまま使ってしまうと、ギャルっぽくなってしまうことが多いので、ハーフサイズのものか、フルサイズのものを半分に切って目の外側半分につけるのがおすすめ。


フルサイズのものを半分に切って使う時は、毛足の長い方が目尻側で、短い方が眼の中央部にくるようにつけます。

つけまつげのつけ方

【長い方を目尻に】


スポンサーリンク


初めてでもカンタン!ハーフつけまつげテク

メイクアップアーティスト、山本浩未さんのハーフつけまつげテクをご参考にどうぞ。


ここで気を付けて選んでほしいのが、つけまつげ用のり。


のりの量が少なかったり、ほとんど乾いてしまっている状態で漬けたりすると、日中取れやすくなってしまうことがあるので注意しましょう!


映画見て大笑いして、感動して泣いて、外に出てみたらまつ毛が鼻の横に…!!!
…なんてことになったら大変。


笑いを取るためにメイクしてるんじゃない!キレイになるためにメイクしてるんです!


そんなことにならないためにも、のりの量をケチらず多目につけるなどして、しっかり貼り付けましょう。

まぶたにつけて乾かしたあと、軽くさわってみて、しっかりついているか確認するようにしましょう。


つけまつげを初めてつける時は、異物がくっついていることに違和感を感じてしまうこともあるので、外出予定のない日を選んで一日つけっぱなしにしてみるのもおすすめです。


スポンサーリンク