発酵食品でダイエット!やせるのに効果的な食べ合わせは?

ks0086

「発酵食品が美容と健康に良い」ということはよく知られるようになってきました。

でも発酵食品の効果は、それだけではありません。

実は、ダイエット食品としても高い効果を発揮します。

発酵食品を他の食材と食べ合わせすることで、ダイエット効果を最大限に生かすことができるので、ぜひ実践してみましょう!

スポンサーリンク

納豆+雑穀米

tw0171

日本人にとってもっとも身近な発酵食品のひとつである納豆は、繊維質が多く、納豆菌も豊富で胃にやさしく、腸の善玉菌を増やしてくれる食材です。

一方雑穀米には、ビタミン・ミネラルが白米に比べてかなり多く含まれている上に、胃腸を温める効果があるとされています。

雑穀米の健康効果により、納豆の効果をさらに高め、より多くのビタミン・ミネラルが体内に吸収され、消化を促進し、老廃物がしっかりと排出されていきます。

このような消化促進効果によって、ダイエット効果を最大限に高めることができます。

ヨーグルト+バナナ

tw0172

体に良い栄養を豊富に含むバナナには、オリゴ糖も豊富に含まれています。

ヨーグルトと一緒に食べることで、腸内の善玉菌を効率的に増やし、腸内環境が良くなって便通が改善していきます。

便通が良くなれば、老廃物が排出されて体内のめぐりが改善し、代謝が高まっていくので、ダイエットしやすい体質になっていきます。

スポンサーリンク

酸っぱいキムチ+チーズ

tw0173

キムチにも、さまざまな種類がありますが、できるだけ発酵がしっかり進んで酸味が強くなった酸っぱいキムチを選び、それとチーズをあわせて食べるのが、ダイエットにはオススメです。

すっぱいキムチには、豊富な乳酸菌と栄養素が含まれています。

これにチーズを合わせることによって、発酵食品同士の相乗効果で腸内環境を改善し、便秘改善効果とデトックス効果が期待できます。

また、チーズには、満腹感を出して食欲をおさえる働きがあるので、食べ過ぎの予防にもつながります。



ダイエットは、体に無理を強いるような激しい運動や食事制限をしてしまうと、長期的には失敗に終わりやすいものです。

やせやすい発酵食品の食べ合わせを日常の食事に取り入れ、「長い目で見てやせやすい食生活」に切り替えていきましょう。

スポンサーリンク