睡眠時間が短いと風邪をひきやすく、疲れ顔・老け顔の原因に!?

cachcold

毎年冬になると風邪をひきやすい上に、冬に限らず夏カゼもしょっちゅうひいてしまう…。

そんなあなたは、普段から夜更かしをしていたり、睡眠不足気味の生活をしていませんか?

スポンサーリンク

睡眠時間6時間未満だと風邪をひきやすい

誰しも睡眠時間が足りない日々が続いて、疲れが取れなかったり、肌荒れを起こしたりした経験はあると思います。


でもその睡眠不足が慢性化すると、単なる疲れや肌荒れでは済まされないことが科学的に証明されました。


米国カリフォルニア大学及びカーネーギーメロン大学の研究者らによって、1日の睡眠時間が6時間以下の人は、風邪をひく確率が高くなる、という研究結果が発表されました。


睡眠時間が6時間以下の人は、7時間以上の人に比べて、風邪をひくリスクが4.24倍も高いのだそうです…!

《米国睡眠学会誌「Sleep」2015年9月号(VOLUME 38, ISSUE 09)に掲載》


疲れやすいのは気のせいではなく、実際に免疫力が下がって風邪を引き寄せやすくなってしまっているというわけですね。


免疫力が低いということは、風邪以外の疾患も引き寄せやすく、様々な病気のリスクがあがることになります。

スポンサーリンク

免疫力が低いと美容に栄養がまわらない

しょっちゅう風邪などの病気にかかっているということは、美容や健康に費やすための大切な栄養やエネルギーを、風邪治療に吸い取られてしまうということ。


そんな生活をずっと続けていれば、当然老け顔にもなるし、疲れてやつれたオバサン顔になっていってしまうということになります。


健康食品や美容サプリを毎日一生懸命飲むより、毎日の質の良い睡眠の方がはるかに高い効果があるといえるのかもしれません。


毎晩、ネットサーフィンやSNSに夢中になって、ついつい夜更かししてしまっている方、常に体調がいまひとつで、毎年風邪やインフルエンザに必ずかかってしまう…という方は、睡眠の質を見直してみましょう。


睡眠が浅いと疲れが取れない…夜ぐっすり寝て朝スッキリ目覚める対策

寝過ぎは頭痛や肥満だけじゃなく、うつ病の原因になるって本当!?


スポンサーリンク