ほうれい線と肌のたるみ改善で若返り!コラーゲンを増やす生活習慣

ほうれい線や肌のたるみは、即「見た目年齢の高齢化」につながってしまいます。

ほうれい線や肌のたるみを予防するためには、肌のハリに影響するコラーゲンを、肌の中・体の中に増やしていく必要があります。

コラーゲンを増やすための生活習慣についてまとめました。

スポンサーリンク

コラーゲンを増やす生活習慣でほうれい線・たるみを改善する方法

コラーゲンは、私たちの肌の弾力を作っているのはもちろんですが、肌の土台となる骨の原料でもあります。

コラーゲンが減少すると、土台となる骨が縮み、肌そのものの中にあるコラーゲンも減少してしまうので、肌がたるみ、ほうれい線ができていくのです。

コラーゲンを増やす生活習慣を意識し、ほうれい線や肌のたるみを予防・改善していきましょう。

代謝をアップさせる

私たちの体は、加齢とともに新陳代謝の周期が長くなり、新しい細胞が作られにくくなっていきます。

新しいコラーゲンが生成されなくなり、骨や肌の組織が縮んでしまう前に、新陳代謝をアップさせ、新しいコラーゲンを作り続けていく必要があります。

新陳代謝をアップさせるために大切なのは、良質の睡眠を取ることです。

新しい細胞を作る成長ホルモンは、深い睡眠の中で生成されていくため、生活リズムが乱れていたり、睡眠の質が悪かったり、寝不足が続くような生活を続けていると、肌はどんどんしぼみ、タルミやほうれい線が目立ってきてしまいます。

関連記事↓
睡眠時間が短いと風邪をひきやすく、疲れ顔・老け顔の原因に!?


美肌作りと若返りには、睡眠は大切な要素となってきますので、良質な睡眠を取るよう心がけましょう。

紫外線対策と抗酸化対策でコラーゲンを守る

紫外線は、シミの元になるだけでなく、コラーゲン組織を破壊してシワを増やす原因となります。

紫外線対策は朝起きた瞬間から始まる、と思っても良いくらいです。

朝、カーテンを開ける前に日焼け止めを塗り、それでも浴びてしまう紫外線対策のために、抗酸化力の高い食品を食べる用にしておくことが、コラーゲンを守るカギとなります。

こちらも参考にしてみて下さい↓
飲む日焼け止めに配合されるニュートロックスサン®の美白美容効果

アンチエイジングに必要な栄養素とは|若返り成分が含まれる食材

スポンサーリンク

スキンケアはさわり過ぎずシンプルに!

スキンケアは、化粧水から始まり、乳液、美容液、部分美容液、クリーム…と、いくつものステップを踏むのが常識になっていましたが、最近ではケアのし過ぎによる肌タルミが問題視されるようになってきています。

タルミを予防し、ほうれい線を作らないスキンケアのためには、シンプルしっかり保湿すること、これが一番です。

ほうれい線を作らないためには、セラミド・ヒアルロン酸コラーゲン、そしてビタミンC誘導体など、保湿しながら肌の抗酸化力を高める成分が配合されているものを選びましょう。

66種類の美容成分配合!しっかり保湿できるシンプルなオールインワンゲルとは

コラーゲンを意識した食生活でほうれい線・タルミ対策

肌のコラーゲン量をアップさせるためには、意識して食事からコラーゲン成分を摂ることが大切です。

コラーゲンは、鶏の軟骨牛スジ肉フカヒレカレイの煮つけなどをはじめとする、肉類・魚貝類に多く含まれています。

毎日コラーゲンを意識した食事が大変だと感じるなら、サプリメントを活用するのもお勧めです。

コラーゲンサプリはインターバル式で!半額で済む上に効果絶大!


コラーゲンは、ビタミンCと一緒に取ることによって吸収率がアップするので、ピーマンやパプリカ、フルーツなどを食卓に並べ、コラーゲン成分の多い食材と一緒に食べると、より効果的です。

糖質をとり過ぎない

糖質をとり過ぎると、コラーゲンの原料となるたんぱく質が壊れやすくなり、コラーゲンが糖化して行ってしまいます。

糖質を取り過ぎれば体内の糖化が進んで、肌がどんどん老化していってしまいますので、炭水化物や砂糖の取り過ぎには注意が必要です。

ただし、糖質の制限しすぎはエネルギー不足や病気の原因となってしまうことがあるので、適量の炭水化物を取ることが大切です。

無理なダイエットはしない

ある程度の年齢を過ぎると、ダイエットによって急激に痩せてしまった場合、やつれて老けて見えてしまうことがあります。

40代以上のダイエットは、ペースや方法をしっかり選んで健康的にやせること、そしてやせすぎないことが、老け顔・タルミ・ほうれい線を予防するために大切です。

日本人女性は、太っていること、ぽっちゃりしていることを極端に嫌う傾向がありますが、40代以上になると、少しふっくらしているくらいの方が若く見える、というケースも増えてくるので、「やせている=きれい」という思い込みは捨てた方が良いかもしれません。



以上です。

食事と睡眠、紫外線対策を含むスキンケアなど、ちょっとした生活習慣でほうれい線を予防し、タルミのない肌を作っていくことができるので、見直せるところ、取り入れられる習慣があれば、今すぐ実践してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする