大豆イソフラボンを分解できない人の女性ホルモンは大丈夫?

美意識が高い女性や健康志向が高い女性は、「大豆イソフラボンが女性ホルモンと類似の働きをする」ということばを信じて納豆や豆腐を毎日せっせと食べてきた、という方も多いことでしょう。

soyfoods


ですが最近の研究によると、「大豆イソフラボン≒女性ホルモン」のメリットを受けられるのは、日本女性のわずか50%にすぎないということがわかっています。


なぜ同じ大豆を食べていても、女性ホルモン様物質を生成できる人とそうでない人がいるのでしょう?

スポンサーリンク

エクオール産生菌を腸内に持っているかどうかで違う!?

女性ホルモンと似た働きをするのは、大豆イソフラボンを分解してできる「エクオール」という物質。

このエクオールを作るために必要な腸内細菌<エクオール産生菌>を持っている人と、そうでない人とで違いが出てしまうのです。


女性ホルモンの代わりをしてくれる物質を生成できるという大切な腸内細菌を、体内で作る方法はないのでしょうか?

エクオール産生菌は大豆をよく食べる人が持っている傾向に!

このエクオールを作る腸内細菌を持っている人の率は、年齢が若くなるほど低くなることもわかっています。


40代以上が「2人に1人」であるのに対し、30代未満では「4人に1人」に減ってしまうそうです。

その原因として、大豆を食べる頻度が若い人ほど減っているからではないかという説があります。




……と、いうことは…?




それはつまり、腸内細菌がない人も大豆を食べ続ければ体内で生成される可能性があるということになるのではないでしょうか…?


スポンサーリンク


大豆が美容と健康に欠かせない食材であることは変わりなし!

若い世代ほど和食離れが進んでいる傾向にあることを考えると、その仮説は間違いではないという気もします。

和食には、みそ・しょうゆ・豆腐に納豆・煮物など大豆製品がたっぷり。


和食を見直し、大豆製品を食べる機会を増やすことで、エクオールを生成できる体質になれる可能性があるのかもしれません。


大豆にはイソフラボン以外にも、たんぱく質やビタミン・ミネラル・食物繊維・レシチン・サポニンなどの栄養素が豊富。


エクオールを生成できないからと、大豆を食べるのをやめてしまうのはもったいないこと。


大豆が美容と健康維持に欠かせない食材であることには、変わりないのです。

エクオールをサプリメントとして直接摂ることも可能

エクオールはサプリメントとしても発売されています。

専門ドクターと共同開発【エクオール+ラクトビオン酸】


エクオールには、更年期の諸症状の軽減や骨粗鬆症予防、女性ホルモン減退による老化の予防や抗酸化作用などが期待できます。


また、エクオール産生菌が腸に在住しているかどうか、気になる方はチェックすることも可能。

ソイチェックキットは、その腸内細菌の有無を調べることが可能なツールです。

ソイチェックキット

エクオール産生菌チェックをしてもしなくても、大豆のすぐれた栄養価は食生活を豊かにします。

一汁三菜を心がけ、栄養バランスのとれた和食メインの食生活にシフトしましょう!


『命の母』の小林製薬がお届けする【エクオール】

大豆は丸ごと食べられる蒸し大豆、発芽大豆、テンペに納豆

欧米型食生活を日本人が続けると短命になる理由


スポンサーリンク