顔のタルミ・ほうれい線改善効果も!姿勢改善で若見え度UP!

姿勢と顔のたるみには深い関係があります。

人間の皮膚は、顔の表皮から頭皮を通して背中の皮まで、全て一枚の皮でつながっています。


姿勢が悪いと背中の筋肉や僧帽筋が衰えてきます。

僧帽筋は、首の後ろから肩の後ろにわたってついている筋肉。

僧帽筋

この、背中から肩・首にかけての筋肉が弱くなると、皮膚もゆるみ、顔までたるんできてしまうのです。

顔のタルミ改善&姿勢矯正に、僧帽筋をきたえてリフトアップ!

スポンサーリンク

姿勢が悪いと老けて見える!

年齢のわりに顔のタルミが気になる人、ほうれい線やゴルゴ線が深い人は、多くのの場合が猫背なのだとか。


遠くから見た印象でも、姿勢が良くキリッとしている人は若々しく見えるし、猫背で姿勢が悪い人は、やっぱり暗く沈んで、老けて見えます。


普段から良い姿勢を心がけましょう。

姿勢を良くするのに手軽でおすすめなのが、背伸び

3119

腕を上にあげて伸びをし、つま先で立ってみてください。

腕が上から吊られているような感じで。


ぐ~~っと伸び切ったら、そのまま腕とかかとをストンと下げてみる。

その時の姿勢が、理想の姿勢です。


普段何も意識せず立っている時と比べてどうですか?


猫背がクセになってしまっている人なら、普段と比べて肩がグッと外に反り、バストがお腹の肉より前に出て、全体的にキリッ!となっているはず。

スポンサーリンク

背伸びは良い姿勢が確認できるだけでなく、肩コリや首のコリもほぐれてとても気持ちが良いのです。

毎日やっていると、だんだん良い姿勢が身についてきます。

時間があるなら1日3~4回くらいやってみましょう。


普段から良い姿勢をキープするだけでも、背中から肩、首にかけての筋肉が鍛えられ、顔のたるみも改善していきます。

第一印象の若見え度UP間違いなしです!

ぜひやってみてください。


40代のまぶたのたるみは加齢のせい?簡単にできる解消法とは

舌回しでほうれい線を消す!宝田恭子先生のベロまわしエクササイズ


スポンサーリンク