周囲に宣言してダイエットを継続する方法には長続きの秘訣がある!?

3054

ダイエットをする時、自分の中だけでこっそり始めるより、家族や友人など、周囲の人に宣言した方が長続きすると言います。

だけど宣言する相手を選ばないと、効果が半減してしまうこともある(?)ので要注意!

スポンサーリンク

女性は「横並び」が好きな生き物

女性は、まわりと「同じくらいのレベル」でいることを好みます。

「自分より突出して秀でている同性」や、「自分より明らかに劣る同性」のことがあまり好きではありません。


わかりやすく言うと、自分よりずっときれいな人、反対に自分よりずっとルックスや学力が劣る人と一緒にいるのが好きではないのです。


グループの中で、自分がちょっとだけ優れているとうれしい

だけど、あまりにもまわりと差があると仲間としてそのグループにいられなくなる


女性は皆、本能的にそのことを知っていて、グループの中でうまくやっていこうとします。


同性の友達に「私、ダイエットしてきれいになると決めたの!」と宣言した時、

「やせなくてもかわいいよ、充分スリムよ」と言われたことはありませんか?


あれは、場を丸くおさめたいという社交辞令であると同時に、「自分だけきれいになろうとしないで」という、本能からくる牽制のコトバでもあるのです。


「やせなくてもかわいい、大丈夫」と言われると、つい「そうかな」と、ダイエットへの決意が揺らいでしまうことも…。


同性で仲良しのお友達は、似たような悩みを持ち、何でも話せるありがたい存在である一方、「私たちと違う世界に行かないで」と無意識に引き留める足かせでもあります。


ダイエット宣言した時、
「ダイエットなんかしなくて大丈夫よ」と言われたら、
そのお友達とダイエットのことについて深く語るのはやめたほうが良いかもしれません。

お友達に宣言することのメリット

そんなお友達でも、ダイエット宣言するメリットはあります。

それは、食事やデザートのお誘いを断りやすくなることです。


「一緒にお食事に行って自分だけ食べない」というのはかなりキツイですから、ダイエット中はできるだけ外食のお誘いを断るのが正解。

でも、理由もなく断るのは失礼なので、その時のためにダイエット宣言をしておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

ダイエット宣言は誰にするのが効果的?

友達に宣言しても効果が薄い場合は、誰にダイエット宣言したらよいのでしょうか?


ダイエット宣言が一番有効な相手は家族です。


ダイエットが本当に必要な体型の方のご家族なら、あなたのダイエットを本気で応援してくれるはず。


つらくてくじけそうになった時、家族なら
「全然目標に達してないのにもうやめるの!?」
と、ストレートに言ってくれるでしょう。


ついついお菓子や甘いジュースに手が出そうになっても、常に家族の監視の目があります。


お子様をお持ちのお母さんなら、
「ママやせてキレイになるからね」と、お子様と約束してしまいましょう。


親のメンツにかけても、途中で挫折なんてできません。


ダイエット宣言したら、今現在の写真をとってどこか目につくところに貼っておくと良いですよ。

3055

ダイエットは徐々に変化していくため、違いがつかみにくく、成果を実感しにくい面があります。


体重は、脂肪が減って筋肉が増えていく段階ではあまり数値が変わらないこともあるので、体重の変化だけを追うダイエットは挫折しやすいのです。


ダイエット開始前にとった写真と、ダイエット途中の写真を家族と一緒に見ながら、途中経過を楽しんでみるのもおもしろいですよ。


女性は無意識に同性の足を引っ張ることがあるけれど、
家族は無条件で喜んでくれる。

この違いを覚えておいてくださいね。


同性の姉妹は…。

残念ながら、同性のライバルという位置づけになることが多いので、ご注意を!


スポンサーリンク