下半身デブ解消・太ももやせにセルライトを改善する食事方法

kombu

セルライトがつきやすい食生活があるように、セルライトの改善に効果のある食材もあります。


これからご紹介するセルライト撃退食材を積極的に食生活にとりいれ、足やせ・ウエストやせの効果をあげていきましょう。

スポンサーリンク

セルライトをなくす食生活のカギは夕食!

セルライトの中身は、消化しきれずに細胞内に溜め込まれた脂質などです。


脂肪分を溜めこまないためには、代謝が下がる睡眠前の食事の時間と内容がカギとなります。


睡眠中は体の活動が最小限になるため、代謝が下がります。


このため、睡眠に入るどのくらい前に何を食べたかで、セルライトや脂肪のつきやすさに影響が出るのです。

「夕食は少なめ・早め」を心がけましょう

朝食・昼食で食べたものは、日中の活動で消費されていきますので、よほど高カロリーな食事をしているのでない限り、あまり気にする必要はありません。

ですが夕食は、ボリュームや内容、食べる時間が体型やセルライトの量を左右する大切な食事ですので注意が必要です。

夕食の量を朝・昼の3分の2にする

夕食のボリュームは、朝・昼の3分の2程度にしましょう。

「朝食はあまりたくさん食べられない」という方も、夕食のボリュームをおさえることで朝お腹がすくようになり、たくさん食べられるようになります。


朝しっかり食べることで、体が飢餓状態による溜め込みモードになることを避けることができ、頭もしっかり働くようになります。


今まで夕食ガッツリ・朝少なめの食生活をしてきた人は、最初はキツイと感じるかもしれませんが、慣れると体調が良くなり、体に良い食生活であることが実感できるようになります。

睡眠時間の3時間前までに夕食を終える

夜11時に寝る人は、遅くとも夜8時までに、10時に寝る人は7時までに、間食を含む食事を全て終わらせるようにしましょう。


夕食後の間食をダラダラ食べる習慣がついている人は、物足りなさを感じたらガムをかむようにしましょう。


単なる習慣の問題ですから、夜の間食は意外と簡単に断ち切ることができます。

スポンサーリンク

セルライト解消に効果的な食事をする

セルライトの解消に良いとされる食材は、下記のとおりです。

・カボチャ、セロリ、アスパラなどの野菜
・ワカメ、ひじき、コンブなどの海藻類
・フルーツ


夕食にこれらの食材を取り入れるのがおすすめです。

海藻タップリの夕食でセルライト撃退・足やせ効果!

上記の食材の中でも、特に海藻類を夕食に取り入れるよう心がけましょう。

3137


海藻には、脂肪やセルライトの成長をおさえ、スッキリしたラインに整える効果があります。


エステなどで海藻入りのマッサージジェルなどが痩身の施術に使われることが多いのは、海藻にセルライトを解消してやせる成分が含まれている事が知られているからです。

海藻に含まれるセルライト抑制効果成分

●ハロプテリススコパリア:脂肪の成長を止める働き

●イニビチンマリン:分解された脂肪が体内につくのを抑制する働き

●リポリチンビタミネ:脂肪を分解し、セルライトの成長をおさえる働き

食事の一番はじめに海藻を食べる

食事のはじめに海藻をよくかんで食べるよう心がけましょう。

低カロリーの海藻を先に食べておくことで、血糖値の急上昇を抑え、体を脂肪のつきにくい状態に整えます。


海藻は食物繊維が豊富なので、腸内の調子を整え、便通を改善する効果もありますよ。

もちろん美肌効果も!


ワカメタップリのおみそ汁や酢の物、コンブの入った煮物や佃煮、ヒジキの煮物や炊き込みご飯など、1品で良いので海藻料理を毎晩食べるようにしてみて下さい。


スポンサーリンク