池谷敏郎先生のお風呂ダイエット!入浴でやせるポイントは…

monkeybathing

最近テレビでもすっかりおなじみになった池谷医院の院長、池谷敏郎先生。

コールドプレスジュースダイエットなどで11キロもの減量に成功されたのは有名です。

池谷先生は、コールドプレスジュースを飲む他にも、ちょっとした入浴時の工夫で、ダイエットの効果をアップしておられるそうです。


先生が実践されているダイエット入浴方法とは…?

スポンサーリンク

ダイエットに効果的な【お風呂に入るタイミング】とは

効率的にやせるためには、お風呂に入るタイミングが大事。


池谷先生は、夕食を食べ終わってから約1時間後にお風呂に入るようにしているそうです。


このタイミングが、ダイエットにはとても大切です。



ご飯を食べてから1時間くらい経つと、食べたものが糖や脂肪となって血液に乗り、体の中を巡回し始めます。


これらの糖や脂肪はまだ体に定着せず浮遊している状態ですが、時間がたつと中性脂肪に変わり、体に蓄積されていきます


そのタイミングに合わせてお風呂に入ると体が温まるため、脂肪燃焼効果が働きます。


糖や脂肪のエネルギーが中性脂肪に変わる前に燃焼させてしまえば、体脂肪がつきにくくなるのです。

ダイエットのための入浴は、タイミングが大切!!

スポンサーリンク

燃焼効果を上げるためにお風呂で運動!

お風呂はボーッとリラックスして入りたいところですが、ダイエットしたいならここでも運動してしまいましょう!


池谷先生は、お風呂の中で、足を自転車をこぐ時みたいにグルグルと動かしながら入浴するそうです。

legtraininginbash

人の体の筋肉は、60~70%が下半身についています。


エネルギーを燃焼するためには、小さな筋肉を動かすより、大きい筋肉を動かす方が効率が良いので、筋肉が多くついている脚を中心に動かすのは理にかなっているということ。


水中で動くので、水の抵抗が産まれるため、空中でやる自転車こぎ運動より短時間で高い効果が得られるというメリットも。


わずか1分の自転車こぎ運動でも充分な効果が得られるので、今夜のお風呂から頑張ってみましょう!


実際にやってみるとわかりますが、1分でもかなり効きます!

お風呂で氷水を飲み、燃焼効果アップ!

池谷先生は、入浴中に氷水を飲むそうです。

体を冷やしてしまうはずの氷水を飲むなんて意外ですが、これが体の燃焼効果を高めます。


冷たいものが体に入ってくると、体はその冷たいものを体温レベルにまで温めようとするためにエネルギーを消費します。


だから、氷水は冷たければ冷たいほど効果があるのです。


体が冷えてしまいそう…!と心配になってしまいますが、お風呂の中なので大丈夫。

すぐに温まります。



以上がダイエットに詳しい名医・池谷先生の簡単ダイエット入浴法です。


血液中に流れる糖や脂肪をお風呂で燃焼させ、運動を重ねてより効率を高め、氷水でエネルギーを消費させる。


難しいことはひとつもないので、続けられそうですね。


便秘が改善がダイエットへの近道!【金スマ便秘解消術5つ】


スポンサーリンク