リンパの流れを良くする腹式呼吸でしみやしわを改善!ダイエットも!

リンパの流れがとどこおると、むくみの原因となることはなんとなくわかりますね。


筋肉の動きが悪くなることで、リンパの流れも悪くなってしまいます。


リンパの流れが滞ると、免疫機能が低下して風邪を引きやすくなったりします。


そして、意外にもしみやしわの原因にもなってしまうのです…!

スポンサーリンク

しわができるのは、皮膚の水分不足が原因?

リンパが滞ると、顔や首回りに水分や栄養が行き渡らなくなり、皮膚の水分が減っていってしまいます。


皮膚の水分が少ないと、日焼けをしやすくなってしまったり、ビタミンCなどの栄養が届きにくくなり、しみやしわも増えてしまうのです。


最近の研究では、リンパ球の8割くらいは腸の壁にいるらしいということがわかっています。

3029


つまり、腸のリンパの流れを良くすることが、シミやしわの予防・改善につながるという事なのです。

腹式呼吸でリンパを流す!

腸のリンパを流すために有効なのが腹式呼吸です。


お腹の筋肉を使うことで、しみやしわが防げる上、姿勢も良くなりダイエットにもつながるのでやって損はありません!


大声で笑ったりするのも腹式呼吸につながります。

スポンサーリンク

リンパの滞りをなくし、流れを良くするための日常生活

そのほかにも、リンパの流れを良くする日常生活は以下の通り。


●納豆や漬物などの発酵食品を食べる
→ 腸内環境を整え、リンパの働きを高める

●納豆にオリーブオイルをかけると、腸のリンパ球が増える

●太ももを高く上げて歩くとリンパの流れが良くなる
 (階段を上り下りすると効果的)

●テーブルよりお座敷で食事し、足を解放させる

●よく使うものを取りにくい棚の上段に置くことで脚や上半身の筋肉を使う

●40度程度のぬるめのお湯に30分以上浸かる

●横になる時、脚を上げて寝るとリンパの流れが促される

●マッサージをする

「リンパの流れを良くするマッサージ」は 1:15頃から


リンパの流れを促すことは、高級美容クリームを塗るくらい効果があるので、毎日がんばりましょう。

参考:TBSテレビ 「駆け込みドクター!」


腸内環境を良くし、便秘を改善したいなら…
便秘がすぐに改善する!小林弘幸先生の【金スマ便秘解消術5つ】


スポンサーリンク