ながら筋トレを習慣づけて、インナーマッスルを鍛えてやせる!

walkinghana

まとまった筋トレ時間が取れないなら、生活そのものを筋トレに!

毎日の筋トレ、できていますか?

運動・筋トレは、ダイエットのためのみならず、健康のためにも重要…!


…そんなことはわかっているけど、なかなか続けられないものですよね。

そこで今回は、生活そのものを筋トレにする「生活=筋力キープ&ダイエット」の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

家の中を歩くときはアシモのように

外出してたくさん歩くのが一番ですが、なかなか外出できない時は、家の中を歩く時の動作そのものに負荷をかけます。

HONDAのロボット・アシモのように、腰を落として歩くことで、脚腰の筋肉を鍛えることができます。

asimo

誰かに見られたらちょっとかっこ悪いですが、家の中なら大丈夫!

腹式呼吸で筋トレ

腹式呼吸もしっかりやれば、立派な筋トレになります。


ゆっくり鼻から息を吸うと同時にお腹(下腹)を膨らませ、吐きながらお腹をぐ~っとへこませます。

筋肉に効いている(お腹の筋肉に力を入れている)のを意識します。


鼻から吸い込む習慣をつけることで、感染症予防にもなります。


10回1セット・1日3~5セットくらいを目安に。

シッカリと腹筋に効いていることを意識します。

立ち上がる・座る時はゆっくりと

椅子からでも正座からでも良いのですが、立ち上がったり座ったりする時は、ゆっくりと時間をかけて。

立ちかけ・座りかけの姿勢が筋肉に効くので、サッと立ったり座ったりしないのが良いのです。

座ってみたけどやっぱり立つ。やっぱり座るというのを何度か繰り返すのもおすすめ。


「中腰」のままで静止するのもありですよ!

スポンサーリンク

お風呂でも筋トレ

夜間頻尿を治すついでにダイエットの記事でご紹介したV字腹筋の他にも、入浴中に筋トレする方法があります。


お風呂の椅子に座って洗髪する時・体を洗う時、ほんの少しで良いので、体を後ろに倒します。

浴槽の壁につま先を、地面にかかとをつけて踏ん張るようにするとお腹に効きます。


つま先やかかとをつけない(足で踏ん張らない)場合は、脚に効きます。

炊事中は背伸び&スクワット

足腰の筋力低下は老化と直結します。

炊事中も、手があいたら背伸びしたりスクワットをするなどして、足腰を鍛えましょう。

背伸びだけでもかなり効果があります!

顔のタルミ・ほうれい線改善効果も!姿勢改善で若見え度UP!


以上、ご紹介した以外にも生活の中には筋トレできるシーンがいっぱい。

ご自分でも探して、いろいろ試してみて下さい。

続けられることを見つけて、習慣づけてしまいましょう。


スポンサーリンク