女性の水虫急増中の陰に、流行の美肌法?予防にはフットケアを

ブーツと水虫

近年、水虫になる女性が増えています。

長時間靴を履いたままの労働環境やブーツの着用などが原因としてあげられていますが、ブーツは別に、ここ数年で急に変化したファッションでもないですよね。


なぜ水虫になってしまう女性が増えているのでしょうか?

水虫の予防法を知れば、その原因もわかるかもしれません…!

美肌に良いとされているあの方法が、水虫にとっては…?

スポンサーリンク

水虫の予防法を知れば、水虫女子急増の原因が見えてくる

水虫の予防としてよく言われていることの中に、

毎日足をきれいに洗うこと

というのがあります。

そして、水虫の菌が足に定着してしまわないよう、少し熱めのお湯に足をゆっくり浸けることも水虫予防につながります。


水虫は菌による繁殖なので、毎日キレイに汚れを落とし、熱めのお風呂で殺菌すれば大丈夫。

美肌の常識は水虫の非常識!?

一方、美肌の為に良いとされる最近の情報では、

●石けんやボディソープで毎日体を洗わない
●お風呂の温度は40度以下のぬるま湯にゆったり漬かるのが良い

とあります。


昔は毎日体を洗うのが「キレイ」と思っていたものが、「そんなことしたらシワシワになる!体臭が臭くなる!」と言われ。

熱めのお湯が好きで、毎日追い炊きしながら入っていたら「お湯が熱いとお肌がシワシワになるし、自律神経を整えるためにもお風呂は40度以下で」と言われ。


そして今度は、水虫女子が急増中だから足を清潔に!…と。

う~ん、

世の中、必ず明があれば暗があるもの。

スポンサーリンク

美肌になりたし・されど水虫になりたくなければ、体は洗わなくても足だけは毎日石けんでキレイにしておいた方がよさそうです。


ただし、足を洗う時は、ナイロンたわしやボディたわしを使ってゴシゴシ洗うのはNGです。


目に見えない小さなすり傷がたくさんできて、水虫のモトになる白癬菌(はくせんきん)が肌の中に入り込みやすくなってしまうのです。

顔を洗うのと同じ、ふわふわの泡でやさしく洗うのが足にとっても良いのです。

泡をつけてしばらく置いておく泡パックもおすすめ。


女性が水虫になったら、皮膚科に行くのも市販薬を買うのも本当に大変…。

やっぱりなんとなくハズカシイですもんね。


毎日のお風呂で、清潔を心がけましょう。

水虫治療は、初動を間違うとこじらせて、長引かせてしまうこともあります。


もし足に異常なかゆみなどの異変を感じたら、恥ずかしがらずにすぐ皮膚科に行きましょう!

水虫に感染してから完治まで10か月もかかってしまった理由…


スポンサーリンク