美肌と血液サラサラのために飲む水の量と飲み方は…?

水を飲む美容法

水をたくさん飲むという美容法は正しいの?

モデルさんや女優さんなど、美意識が高い人々の間でよく行われている美容法に、水をたくさん飲むというのがあります。


老廃物や毒素が排出されて体内がキレイになり、血液もサラサラになるので美容に良い、ということから、多くの人が取り入れている美容法です。

一日に飲む水の量が少ないと、血液がドロドロになって血流が悪くなり、冷え性、便秘、肌荒れ、さらには脳梗塞や心筋梗塞など、様々な不具合が出るといわれています。


だけどもし、飲む量を間違えると逆効果になってしまうとしたら…?

スポンサーリンク


東洋医学では、水は体を冷やし病気の元を作る!?

モデルさんたちの美容法と違い、東洋医学では「水分を摂りすぎると体を冷やす」といわれています。

体が冷えれば、当然体内の血液の循環は鈍り、肌荒れ、生理痛、便秘やむくみにとどまらず、新陳代謝がとどこおり、しみやしわまで増えてしまいます。


美容に悪いだけでなく、体温が下がることにより免疫力も低下し、感染症などのリスクを高めることに。


水分を取る時は、なるべく体を温めるものを選ぶのがベター。

同じ水なら、氷で良く冷えた水より白湯、アイスドリンクよりホットドリンクを飲むなど、体温を上げるものを飲む習慣を心がけることで、基礎体温が上がり、免疫力や体力が上がって肌もキレイになっていきます。


量も、一度にたくさん飲んでもあまり意味がありません。

のどの渇きを感じる前に少しずつ飲むのが正解。

スポンサーリンク


真夏はついつい、氷でキンキンに冷えた冷たい飲み物を飲みたくなりますが、実は温かい飲み物や食べ物でいったん体を温めた方が、汗が出て結果的に体温を冷ます効果があります。

内蔵を冷やすのは良くないので、暖かいものを飲むのが嫌でも、「氷でキンキン」は控えめにしておいたほうが良さそう。


水分は少なすぎず・飲みすぎず、適量を心がけるようにし、なるべく体を冷やさない食べ物・飲み物を選ぶようにしましょう。

ぽかぽか女子のジンジャースムージー

スポンサーリンク