まぶたのたるみは加齢のせい?原因と簡単にできる予防法・解消法

どうしても老けた印象を与えてしまう顔のたるみ…。

中でもまぶたのたるみは深刻です。


まぶたがたるんで下がってくると、目尻のカラスの足あとみたいなシワや、深い一本ジワができやすくなるし、光を反射する瞳の輝きもなくなるため、暗い印象を与えがち。

何よりも、老け顔になるし、さみしそうな顔に見られてしまうこともあります。


エイジングケアを意識し始めたら、まぶたのたるみミケアも一緒に始めたいもの。

まぶたのたるみを改善することは、顔全体のたるみ予防にもつながります

まぶたのたるみの原因と予防方法、目の周りのたるみを解消する簡単な方法をご紹介します!

スポンサーリンク

まぶたのたるみができる原因と予防方法

瞼のたるみは、加齢によるものだから仕方ない…とあきらめてしまっていませんか?

老化はタルミの大きな原因のひとつではありますが、同じ年代でも「キリッとした目元の人」と、「まぶたがたるんでぼやけた目元になってしまっている人」がいます。

つまり、その原因は加齢だけのせいではない、ということ。

原因を知り、予防方法と改善方法を実践して、しっかり瞼のたるみを治していきましょう。

原因1.パソコン・携帯電話・スマホの長時間使用

パソコンや携帯電話、ゲームなどのメディアを毎日長時間にわたって使う人が増えています。

これらのメディアの中でも、最も顔のたるみを引き起こしやすいのがスマホです。

スマホは、画面と操作ボタンの位置が同じ高さにあるため、見る時の顔の角度がうつむき加減になってしまいがち。


さらに、スマホは携帯電話よりもはるかに操作時間が長くなりがちなデバイスです。

長時間うつむいたままの姿勢でいると、顔や首・肩の筋膜が凝り固まって、顔やまぶたがたるんできてしまうのです。


目の使い過ぎも、マブタのたるみに影響します。

目を酷使している時、私たちの目はまばたきの回数が減り、目の周囲の筋肉・眼輪筋が使われず、筋力が弱ってしまいます。

目の周りの筋力が弱まれば、マブタがたるみ、顔全体のたるみにもつながっていきます。

予防方法

パソコンや携帯電話、スマホなどのメディアを操作する時は、10分~15分おきくらいに目をやすめ、姿勢を伸ばすことを意識しましょう。

目の周りの血行を良くするため、休憩中は目の周りの筋肉をほぐす簡単なマッサージを行うのがおすすめです。

原因2.目をかいたりこすったりすることが多い

アレルギーや目の渇き(ドライアイ)などで、目をかいたりこすったりすることが多い人は、マブタがたるみやすくなります。

長年継続した刺激によって、皮膚が伸びてしまうためです。

予防方法

アレルギーがある人はアレルギー症状の改善を心がけましょう。

アレルギーの改善には、耳鼻咽喉科や皮膚科を受診し、適切な治療を受けることが一番の近道ですが、病院に通院する時間が取れない人や、長期にわたる投薬に抵抗がある人には、乳酸菌飲料や乳酸菌サプリメントがおすすめです。

乳酸菌飲料や乳酸菌サプリメントには、薬のような即効性はありませんが、長く続けていくことで腸内環境が改善し、アレルギー症状が緩和されていきます。


目が乾きやすい人は目薬を使ったり、目の渇きに有効とされるツボ押しを習慣づけるなどして、目をかいたりこすったりする頻度を減らしていきましょう。

目の渇き・ドライアイに効果のあるツボ

◆清明(せいめい)
目頭の内側の小さなくぼみで、目頭よりやや上にあります。
 
◆天応(てんのう)
眉毛のすぐ下にあるくぼみです。
 
◆四白(しはく)
黒目から指3本分くらい下にあります。

ホットタオルでドライアイを改善する

目を休める時、人肌より少し熱めの温度に温めたホットタオルを目の上にのせておくと、涙を出す器官(マイボーム腺)の詰まりが取れて涙が出やすくなります。

原因3.コンタクトをつける時マブタを引っ張る

コンタクトを脱着する時、マブタを強く引っ張っている人は要注意。

これも長年の継続で、皮膚が伸びてしまうことがあります。

予防方法

コンタクトを脱着する時は、上マブタを引っ張らないで、目をできるだけ大きく開き、下マブタを少し下げるだけにして脱着してみてください。

上マブタを引っ張るのがクセになっていると、最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

原因4.老化によるハリ成分の減少

加齢により、皮下のコラーゲン繊維などのようなハリを作る成分が減少し、皮膚がやせてしまうことによって、マブタがたるんできます。

予防方法

肌のハリを保つためには、炭水化物・たんぱく質・野菜・果物など、バランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活習慣を取り入れること。

そして、軽い運動を習慣づけ、肌の老化を抑える生活に切り替えていく必要があります。

コラーゲンサプリの効果的な飲み方↓
コラーゲンサプリはインターバル式で!半額で済む上に効果絶大!


質の良い睡眠は肌の再生にとても大切です。

生活リズムを整えて、できるだけ毎日同じ時間に寝起きするよう心がけましょう。

【最高の睡眠】西野精治氏の睡眠負債解消法


また、ストレスも肌に大きなダメージを与えますので、ストレスを感じたら早めに発散し、貯め込まないようにしてください。

スポンサーリンク

まぶたのたるみ解消方法

簡単エクササイズ

たるんでしまったマブタは、マブタの筋肉に働きかけることで改善していくことができます。

こちら↓の動画で、40秒くらいのところからまぶたのたるみを解消する方法が始まります。

まぶたを引き上げるための筋肉をきたえることができるので、目がパッチリ開くようになります。

いつでもどこでもできるのがイイですね。

(とはいえ、人前では控えめに…。)

簡単な上に、続けていれば目ヂカラもついていきます。


朝のメイク前、パソコン作業の合間など、タイミングを決めて毎日の習慣にしてしまいましょう。

表情豊かに過ごす

顔のたるみやシワが気になってくると、なんとなく人前で笑ったりするのがイヤになってくることがありますよね…。

ですが、表情の変化が乏しくなると、ますます顔の筋肉が退化し、しわやたるみが深刻化してしまいます。


そして何より、笑顔は女性を一番きれいに見せてくれます

まぶたのたるみ改善

表情豊かになることで、顔の筋肉がきたえられ、リフトアップにもつながります。


いくつになっても、女性を一番輝かせるのは笑顔だということをお忘れなく。


骨密度が低いと老けて見える!骨粗しょう症予防と老化予防にゴマ!

スポンサーリンク