女性も男性も必見!薄毛対策に大切なシャンプーの方法とは

shampoo

女性にも増えているという薄毛の悩み。

私も最近分け目が目立つようになった気がして、気になっています。

テレビ朝日のモーニングバード!で、薄毛を予防するシャンプーのしかたを特集していたのでご紹介。

スポンサーリンク


女性の薄毛の原因と薄毛のサイン

女性の薄毛は、男性の局所的な薄毛と違って、全体のボリュームが減ってくるのが特徴です。

・分け目が目立つようになった
・抜け毛が増えてきた
・フケが目立つようになった
・髪が細くなり、ツヤ・コシがなくなってきた

…などの症状がでてきたら、薄毛のサイン。


原因も、男性の薄毛が男性ホルモンによるものであるのに対して、女性は頭皮の血流低下(血行不良)による髪の栄養不足で、髪がやせ細ってくるのが原因です。

薄毛を防ぐシャンプーの選び方

毎日使うシャンプーのタイプを間違えると、薄毛を悪化させる原因にもなりかねないので、自分に合ったタイプのものを選ぶのがベスト。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、皮脂の分泌が少なく乾燥肌で、デリケートな肌の人向けです。


成分表に「ココイル」「コカミド」などと書かれているものがアミノ酸系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強いので、脂性肌向けです。

成分表に「ラウレス」「ラウリル」などと書かれているものがそれにあたります。

スポンサーリンク

乾燥肌と脂性肌の見分け方

素肌が乾燥肌なら地肌も乾燥肌、という判断のしかたもありますが、

判断がつかない場合、

「洗髪してから1時間後に指で生え際の地肌をぐっと押し付けるように触ってみて、
何もつかなければ乾燥肌、油分が指につくようなら脂性肌」

という方法で見分けられます。

うぶ毛をやさしく育てる正しいシャンプーの仕方

毛髪診断士・小林弘子さんのご指導による正しい洗髪の仕方をご紹介します。


下準備として、下記のことを行いましょう。

シャンプーの前に、10分くらい湯船に浸かって体を温める
シャンプー前に30秒~1分くらいよくシャワーで流して予備洗いする

これにより、毛穴の汚れを浮かせて落ちやすくすることができます。

そしてシャンプーの時は、

指を立ててゴシゴシ洗わず、顔を洗うのと同じように手のひらでなでるように洗います

つまり、

手のひらと地肌の間に泡が入るように、やさしくフワフワと洗うのが正しい洗髪法です!


「本当にそれで汚れが落ちるの!?」
「長年指でゴシゴシやってきたよ!」

と、羽鳥さんをはじめとするモーニングバード!の皆さんも騒然でしたが…。


確かに、汚れを落とすだけが目的なら指を立ててゴシゴシやった方が良いに決まってます。

時間も短くて済みます。


…でも。

指を立ててゴシゴシ洗うと、生えはじめのうぶ毛が摩擦に耐え切れず抜けてしまうのです!


新しい毛として生まれてきたばかりのぶ毛が抜けてしまったら、

薄毛どころかハゲてしまう!!

だから、「10分間体を温める」、「30秒~1分間の予備洗い」などの、汚れ落ちをアシストする下準備が重要になってくるわけです。

入浴前のブラッシングも汚れ落としに効果があります。


頭皮ケアにもなるのでぜひやってみて下さい。

ブラッシングの時、力を入れないよう気を付けてくださいね。

すすぐ前に頭皮マッサージを!

フワフワ洗髪の後は、頭皮マッサージ。

泡をすすぐ前に行います。

重力に逆らうように、下から上に手の平全体で頭皮を圧迫しながら頭皮を持ち上げるようにして、頭皮を動かします

つまり、頭をカツラみたいに動かすのです。


これは頭皮の血行を促すためのマッサージになると同時に、さらに汚れを浮かせて流れやすくする効果があります。


最後に、38度くらいのぬるま湯でしっかり泡を洗い流します。


以上です。

このシャンプーのしかたは男女共通なので、ご主人にも教えてあげてくださいね。

その他の薄毛対策

以下のことも薄毛の原因になるので注意しましょう。

・紫外線ダメージを受ける
・夏の暑さで頭皮がムレてかぶれる
・エアコンの冷気が頭皮の血行を低下させる


頭皮が紫外線に晒されないよう帽子や日傘で保護し、毎日の正しいシャンプーで清潔に保ち、エアコンで部屋を冷やしすぎないようにする。

エアコンが避けられない環境の人は、頭皮ケアをシッカリしましょう。

シャンプーは朝でなく、夜の方が良い理由

シャンプーをするのは、朝より夜が良いと言われています。

その理由は…

・朝は時間に余裕がない⇒洗い残し・すすぎ残しなどがあると、頭皮がダメージを受ける

・肌も頭皮も、夜寝ている時に分泌される成長ホルモンによってダメージが修復される

・成長ホルモンの働きを妨げないためにも、頭皮の汚れをキレイに落として寝るのが良い


頭皮ケアと正しいシャンプーは、髪にツヤが出るだけでなく、頭皮の血行が良くなり顔のタルミ改善にもつながります。

10年後も20年後も、ウィッグなどに頼らない自然で健康な髪のために、シャンプーと頭皮ケアはシッカリしておきましょう。

まとめ

●乾燥肌ならアミノ酸系、脂性肌なら高級アルコール系シャンプーを
●シャンプー前に湯船で10分体を温め、30秒~1分シャワーでよく汚れを流す
●顔を洗うのと同じように、フワフワと手のひらでやさしくシャンプーする
●すすぎの前に手のひらを使って頭皮マッサージをする
●38度くらいのぬるま湯でしっかりすすぐ
●シャンプーは夜寝る前に済ませ、頭皮を清潔にしてから寝る
●紫外線やエアコンの冷気から頭皮を守る

スポンサーリンク