キャサリン妃の白髪がイタすぎると話題。白髪は染めなきゃだめなの?

cathrine

引用元:http://news.livedoor.com/


英国ウィリアム王子の奥様、キャサリン妃の白髪がイタイ、染めるべきだとネットやメディアで話題になっているようです。

キャサリン妃のようなダークな髪や日本人の黒髪には、確かに目立つのですが…。

キャサリン妃はまだお若い(1982年1月産まれ)ですが、おぐしに白いものがチラホラ目立つようになりましたね。

それについて、英国の人気美容師ニッキー・クラーク(Nicky Clarke)さんという人が

あの白髪をどうにかした方が良い

などと、苦言を呈しているそうです。


クラークさんはその他にも、

「ファッションリーダーと呼ばれる人なのに、白髪はいただけない」
「実際に年をとるまで、女性は白髪を見せてはダメ」
「白髪の頭は素敵とは言えません。」

など、白髪に対する批判のことばを並べています。

スポンサーリンク

最新美容情報ブログ集へ

本人がそれで良しとしているものを口出しするのは大きなお世話

この人気美容師さんとやら、ファッションリーダーのキャサリン妃が白髪を染めずに堂々としているのを一般の人々が見て

「ナチュラルでステキ」
とでも思ってしまったら美容業界に大打撃!

とかなんとか思って焦ったのでしょうか。


私は白髪を染めていない人、結構ステキだと思う方です。


私自身、白髪がチラホラ出てきています。

黒髪に白髪はやっぱり目立つので何とかしたいな、と思う反面

「一度染めたら染め続けなくてはならない」
と考えると、

白髪を染めることに縛られそうな気がしてとりあえずそのままにしています。


何より染毛は頭皮にも悪そうだし、
将来薄毛になったら
「あのときずっと染めていたから…?」
とか後悔しそうだし…。

(※染毛によって薄毛になるという根拠はありませんが、頭皮への負担があることは否定できません。)

スポンサーリンク

最新美容情報ブログ集へ

キャサリン妃の話に戻すと、

本人が染めずこれでOKとしているものを、なぜ関係ない人がガタガタ言ってくるのか、不思議でなりません。

自分が「染めた方が良いかな」と悩んでいる時に、堂々とナチュラルカラーのままでいる人を見ると私は「カッコイイな」と思います。


キャサリン妃のことは元々好きでも嫌いでもなかったのですが、今回の白髪放置報道で個人的に好感度が上がりました。


ご主人のウィリアム王子も、歯列矯正はしても髪に関してはナチュラル派。

髪に関して不自然な事をしないこのご夫婦、私は好きです。


もちろん、

白髪が気になってどうしようもなく

そのために
気分が沈みがちになってしまうくらい白髪が嫌…!

という人は、染めたら良いと思います。


私自身がこれからもっと白髪が目立つようになった時、どうするかはわかりません。


やっぱり染める!と思うかもしれないし、いつかナチュラルに戻したいと思った時、逆プリン頭になるのをガマンしなくてはならないことを考えると、染めずにそのまま生きて行くかもしれません。


ただ他人にどうこう言われたくはないです。


白髪は、他人から見れば意外とそんなに変なものではなく、むしろステキと思う人も多いんじゃないかと私は思っています。

白髪は治る!?マブチメディカルクリニック院長が教える白髪の治し方

スポンサーリンク